韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  GSエネルギー、ベトナムに大型LNG発電所を建設

GSエネルギー、ベトナムに大型LNG発電所を建設

GSエネルギーは、韓国企業では初めてベトナム液化天然ガス(LNG)発電所の事業者に選ばれたと、22日発表した。同日、GSエネルギーによると、ベトナム政府当局はLNG複合火力発電所の事業者選定を公式発表する行事を、ベトナム南部地域のロンアンで21日開催した。GSエネルギーの許榕秀(ホ・ヨンス)社長が映像でメッセージを伝え、ベトナムのグエン・スアン・フック首相などの主要関係者が行事に出席した。

GSエネルギーは2019年11月、ベトナム最大手の資産運用会社・ビナキャピタルと戦略的提携を結び、ロンアンに3GW(ギガワット)規模の超大型LNG複合火力発電所を建設して、運営する事業を推進してきた。今回の事業者選定でその実を結んだことになる。3GWは原発3基の容量に匹敵する発電量だ。 ベトナムは急速な経済成長を見せ、電力需要が急増したため、電力難が深刻化している。また、ベトナム政府は、炭素排出などの環境汚染問題を緩和するため、従来の石炭発電をLNG発電に変更する燃料転換を進めている。

GSエネルギーによると、今回のプロジェクトで生産される電力は、ベトナム電力公社と電力購入契約を結び、販売される予定だ。またGSエネルギーは、発電燃料であるLNGを独自に導入し、貯蔵・気化設備まで同時に運営することでLNGバリューチェーンを構築する「ガス・トゥ・パワー・プロジェクト(Gas to Power)」へと事業を拡大していく計画だ。

スポンサードリンク
GSエネルギーの許榕秀社長は、「今回の事業者選定は、新南方政策など政府の積極的な外交支援も大きな役割を果たした」とし、「特にエネルギー転換過程で架け橋の役割を果たすLNG発電分野で海外に進出しただけに、プロジェクトを成功的に終え、大韓民国とGSエネルギーのエネルギー事業力量がグローバル水準であることを示す契機にしたい」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2021-03-23-k002.jpg

GSエネルギー(社長ホ・ヨンス)は韓国企業としては初めて、ベトナムのLNG発電所事業者に選定された。ベトナム政府が炭素排出などの環境汚染問題を解決するために石炭発電をLNG発電に転換するなかで、GSエネルギーが新南方政策に合わせて今後は東南アジア市場でエネルギー事業を拡大していくのかが注目される。 GSエネルギーは2019年、ベトナム最大の資産運用会社であるビナキャピタルと戦略的提携を結び、ロンアン地域に3ギガワット規模の超大型LNG複合火力発電所を建設する事業を推進してきた。今回の事業者選定は当時の事業が実を結んだものだ。

GSエネルギーは今回の事業を通じて、ベトナムでLNGバリューチェーンを構築する計画で、発電燃料であるLNGの自社導入はもちろん、保存・気化設備までを含めて運営する。また発電所で生産される電力は、ベトナム電力公社と電力購入契約(PPA)を結んで安定的に販売するとした。 GSエネルギーは今回のプロジェクトを「ガスツーパワー(Gas to Power)」と命名し、今回の進出を契機に東南アジアでのエネルギー事業を拡大する戦略だ。

関連記事

[ 2021年03月23日 09:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp