韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国・サムスン電子 NTTドコモに5G機器供給へ

韓国・サムスン電子 NTTドコモに5G機器供給へ

韓国のサムスン電子は23日、日本の携帯電話最大手NTTドコモと、高速通信規格「5G」ネットワークの構築に必要な基地局装置の供給契約を結んだと発表した。他の日本企業を介さずNTTドコモに直接供給するのは初めて。

サムスン電子は2016年からNTTドコモと5G実験を進めた末、今回の供給契約に至った。NTTドコモは20年3月に5Gサービスを開始している。 サムスン電子は02年、KDDI向けに3G機器を供給し、日本の通信機器市場に進出。KDDIの5Gサービスにも協力している。KDDIに続きNTTドコモを顧客に取り込んだことで、日本の5G市場で地歩を固めていくと見込まれる。

また、韓国と米国、日本でそれぞれ最大手のネットワークに機器を供給することで、5G技術のリーダーシップを示したといえる。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210323001300882

スポンサードリンク
韓国サムスン電子は23日、NTTドコモに高速通信規格(5G)の通信基地局を供給する契約を結んだと発表した。受注金額など詳細な契約内容は明らかにしていない。サムスンはいち早く5G通信網を築いた韓国での運用ノウハウを武器に、海外通信大手への営業攻勢を強めている。サムスンはNECと共同開発した通信設備をドコモに供給した実績がある。今回の供給契約はサムスン単独開発の5G基地局という。

2012-10-06-samsung.jpg

一方、ドコモ側は主に富士通の基地局を採用しており、スウェーデンのエリクソンとフィンランドのノキアとも協議中とされる。ドコモは異なるメーカーの基地局を組み合わせる「オープン化」の技術開発に取り組んでおり、サムスン含む複数メーカーの基地局を導入して5Gへの投資費用を抑える狙いだ。英オムディアによると、2019年の通信基地局の世界シェアでサムスンは8.9%の5位。ただ5G分野では、20年9月に米携帯通信最大手のベライゾンから7000億円規模の受注を獲得している。日本ではKDDIに5G基地局を導入した実績がある。

関連記事

[ 2021年03月26日 08:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の不具合だらけの5Gを連想する
韓国の5Gが繋がりにくいスピードが遅い等の不具合連発なのにサムスンは日本に輸出する前に自国の不具合を修正すべきだ。
[ 2021/03/26 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp