韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン、アップルに対決姿勢をむき出し!“敵地”米市場で覇権争いへ!!

サムスン、アップルに対決姿勢をむき出し!“敵地”米市場で覇権争いへ!!

2013-03-31-k007.jpg

「ここまでやるか」とまずは感心し、次に「これは“本気”だな」と思った。韓国サムスン電子が14日に発表したスマートフォン(高機能携帯電話)の新製品「ギャラクシーS4」の発表会のことだ。

オーケストラの演奏をバックにダンサーが踊り出す。かと思えば、俳優が寸劇仕立てで、新製品の機能を次々紹介していく。イベントは会場から離れたニューヨークの名所、タイムズスクエアの巨大ディスプレーにも映し出され、たちまち人だかりができた。


スポンサードリンク
前年5倍の宣伝広告費

米アップルと韓国サムスン電子の攻防が激しさを増している。アップルの「牙城」の米国で、サムスンが新製品や広告宣伝で大攻勢をかけている。IT市場の覇権をかけ、主戦場のスマートフォンから次世代電子機器の開発競争でもしのぎを削る。

サムスンが韓国以外で主力製品の発表会を行う例は過去にも例がないわけではない。「ギャラクシーS3」はロンドンでお披露目された。だが、アップルの本拠地の米国でとなると、今回が初めて。「まるでブロードウェーのショー」と米メディア関係者を驚かせた演出も、やはり派手な発表イベントを得意芸とするアップルのお株を奪うものだった。サムスンが最大のライバルを強烈に意識した仕掛けなのは明らかだ。

サムスンは米市場での携帯電話の宣伝広告費に昨年約4億ドルを投入。前年の実に5倍で、アップルの約3億3000万ドルを上回った。ギャラクシーS4は画面に向けた視線や指の動きを感知する画期的な機能も売り物だが、米紙ウォールストリート・ジャーナルは「マーケティングでアップルとの魅力の差を埋めつつある」と指摘する。

新モデルで迎撃

世界のスマホ市場でサムスンは3割のシェアを握り、2割のアップルをしのぐ。だが米国だけみれば、「iPhone(アイフォーン)5」を擁するアップルが4割に対してサムスンは2割と水をあけられており、サムスン幹部は「米市場でのシェア上昇はブランド力を高める上でも欠かせない」と腕まくりする。

冒頭でサムスンの「本気」を感じたと書いたのも、“敵地”の米市場でアップルを本気でまくろうとする意気込みが伝わってきたからだ。

一方、アップルも手をこまねいてはいない。市場では、ギャラクシーS4を迎撃するため、「年内にもアイフォーン5の廉価版や機能を高めた新モデル(5S)を投入する」(ITアナリストのミンチ・クオ氏)との観測が根強い。ギャラクシーS4の発表直前、アップルのフィリップ・シラー上級副社長(52)は米メディアに対し、ギャラクシーなどグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホからアイフォーンへの乗り換えが進んでいると指摘し、「アップル製品が革新的だからだ」と強調した。

協調から対決姿勢鮮明に

アップルとサムスンはともに腕時計型の電子機器を開発中で、サムスン幹部は「未来の製品をどのメーカーが先に商品化できるか」と対抗意識をむき出しにする。アップルは次世代テレビも開発中とされる。スマホ市場は米国では飽和状態に近く、新たな成長分野の開拓が両社の急務になっている。

実はアップルとサムスンは互いに重要な取引先という関係でもある。端末の心臓部のプロセッサーや液晶パネルをサムスンはアップルに供給しており、アップルも技術と価格面ですぐれたサムスン製品に依存する関係を長く続けてきた。

しかし、製品開発の生命線であるスマホなどの特許訴訟が、日米を含む世界中でエスカレート。アップルがサムスンからの部材調達を削減するなど、対決姿勢が強まっている。昨年には、フラッシュメモリーなどを担当する幹部を突然異動させたサムスンの人事がIT界で話題になった。この幹部はアップルとの関係が近いとされていたためだ。

サムスンのスマホにアンドロイドを供給する米グーグルも交え、アップルとのつばぜり合いはIT業界の覇権争いに発展しつつある。(柿内公輔 ワシントン支局)

(ZAKZAK)



関連記事

[ 2013年03月31日 22:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp