韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  弓と矢で無差別銃撃に対抗するミャンマー市民、27日だけで91人が犠牲に

弓と矢で無差別銃撃に対抗するミャンマー市民、27日だけで91人が犠牲に

「ミャンマー軍の日」の27日、ミャンマーで再び多くの市民が犠牲になった。「独裁打倒」を叫ぶ非武装市民に向け軍警が無差別銃撃を加え、この日1日だけで91人が死亡したと伝えられた。先月1日のクーデター以降で最も多くのミャンマー市民がこの日死亡した。

軍警の流血鎮圧の中で民主陣営と連帯の動きを見せる一部少数民族反乱軍は政府軍を攻撃し双方の間で激しい戦闘が広がったりもした。ミャンマーの主要武装反乱軍のひとつであるカレン民族同盟(KNU)はタイ国境地域で軍哨所を襲撃し10人を射殺したという。 だが中心都市のヤンゴンなどで続く反クーデターデモで市民は丸腰も同然だ。軍警が無差別実弾射撃をするのに対し市民は手作りの盾でどうにか体を覆っている。デモ現場では弓と矢で軍警を攻撃する姿も目撃された。

現地メディアのミャンマーナウは「ミャンマー軍の日に軍部は市民を恐怖に追い詰めた。40都市で91人が死亡した」と報道した。国営MRTVは前日の報道で、デモ隊に向け「頭と背中に銃が当たる危険に直面しかねないことを理解しなければならない」という警告メッセージを送り、実際にこの日無慈悲な流血弾圧が広がった。現地SNSには歩行者と車、バイクなどに向かって軍警が無差別に銃を撃つ場面が相次いで上げられた。

スポンサードリンク
こうした中、軍部は27日に第76回ミャンマー軍の日を記念し、軍人と武器を大挙動員して軍事閲兵式を開催した。フライン最高司令官はテレビ演説で「安定と安全を害する暴力的行為は不適切で受け入れることはできない」と警告した。大規模閲兵式で力を誇示した軍部がテロは容認できないと繰り返し強調し、民間人の犠牲はさらに増える見通しだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/277034?servcode=A00§code=A00

2021-03-29-k005.jpg

ミャンマーの首都ネピドーで二十七日、国軍記念日の式典が開かれ、ミン・アウン・フライン総司令官は「国の安定のために力を尽くしている」とクーデターの正当性をあらためて強調した。オンラインメディア「ミャンマー・ナウ」によると、この日は抗議デモに参加した市民らへの国軍銃撃などで、7歳や10歳の子どもなど114人が死亡。一日の死者数としては過去最悪となった。

国軍記念日はスー・チー氏の父アウン・サン将軍らが、日本の占領下の1945年に蜂起した日が起源。国軍は前夜、国営放送を通じ「規則に反すれば、背後から頭を撃たれる危険があると学ぶべきだ」と、デモに参加すれば射殺すると警告していた。ヤンゴンやマンダレーで多くの死傷者がでたもようで、マンダレーの自宅にいた13歳の少女は至近距離から胸を撃たれたという。人権団体によると、26日時点で確認できた限りの死者は計328人。

関連記事

[ 2021年03月29日 08:48 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp