韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  2月のスマホ販売台数 サムスン電子が世界首位

2月のスマホ販売台数 サムスン電子が世界首位

米調査会社ストラテジー・アナリティクスが28日までに公表した調査結果によると、2月に世界のスマートフォン(スマホ)市場で、韓国のサムスン電子は2400万台を販売し、シェア23.1%で首位となった。米アップルは2300万台を販売しシェア22.2%で2位だった。次いで中国の小米科技(シャオミ)が11.5%、vivo(ビボ)が10.6%、OPPO(オッポ)が8.5%。

1月はアップルのシェアが25.4%、サムスンが15.6%だった。 サムスンの2月のスマホ販売台数は、新型コロナウイルス流行で世界のスマホ市場が大きな打撃を受けた昨年2月に比べ約26%、2019年2月に比べ約12%それぞれ増加した。フラッグシップスマホの新製品「ギャラクシーS21」シリーズの発売が例年より早かったためとみられる。サムスンは毎年2月中旬にギャラクシーSシリーズの新製品発表イベントを開催し、3月に発売してきたが、ギャラクシーS21は1月21日に発売された。

ただ、アップルの販売台数の増加幅はサムスンを上回った。アップルの2月の販売台数は昨年2月に比べ74%、19年2月に比べ35%それぞれ増加した。 ここ数年間、2月のシェアはサムスンがアップルより高く、5ポイント以上の開きがあったが、アップルが昨年発売した「iPhone(アイフォーン)12」の人気が続き、今年は両社のシェアが1ポイント差まで縮小した。

スポンサードリンク
業界関係者は「サムスンとアップルのフラッグシップスマホの競争が激しい中、サムスンがギャラクシーAシリーズなど中低価格帯の製品のプロモーションも積極的に展開し、シェア拡大に向け努力している」と述べた。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210328001000882

samsun-3.jpg

韓国のサムスン電子は26日、今年の賃金について平均7.5%引き上げることで労使協議会と合意したと発表した。 大卒1年目の年俸は4450万ウォン(約430万円)から4800万ウォンへと350万ウォン引き上げられ、社員全体では平均400万~500万ウォン程度引き上げられるという。 全社員に支給される福祉ポイントも昨年の70万ウォンから今年は100万ウォンに引き上げられた。サムスン電子は、新型コロナウイルスの感染拡大の中で昨年過去最大の売上高と36兆ウォンに迫る営業利益を記録するなど高い経営成果を上げた点を考慮し、過去10年で最大だった13年に近い水準での賃上げを決定した。

一方、調査会社Gartnerが米国時間2月22日に発表したレポートによると、2020年第4四半期にはAppleがスマートフォン販売台数で世界1位になったという。Appleがサムスンを上回ったのは2016年以来のことで、2020年秋に発売した5G対応「iPhone 12」の好調な売れ行きなどにより、同四半期のiPhone販売台数は7990万台(前年同期比14.9%増)に達したという。

関連記事

[ 2021年03月29日 08:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp