韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  崔泰源・新商議会頭、世界130ヵ国の商議宛に「協力強化」呼びかける書簡

崔泰源・新商議会頭、世界130ヵ国の商議宛に「協力強化」呼びかける書簡

大韓商工会議所(大韓商議)は、崔泰源(チェ・テウォン)新会頭の就任に合わせて、世界130あまりの商工会議所宛に各国の商工会議所間の協力の強化を呼びかける書簡を29日に発送すると明らかにした。

崔会頭は書簡の中で、「世界経済は、新型コロナウイルス感染症で短期的な衝撃と構造的な低成長の基調が続いている」とし、「世界の商工会議所が、各国政府の経済政策樹立を支援し、ビジネス環境を改善していく過程で中心的な役割を果たしてほしい」と書いた。さらに崔会頭は、「現在、新型コロナで物理的往来は難しいが、各国の商議が非接触での交流を通じて貿易、環境、技術などの懸案課題を引き続き発掘していくことを期待する」とし、「今後、国家間の移動が自由になれば、ビジネス使節団の派遣や情報交換などを通じて相互協力案を具体的に論議できることを期待する」と付け加えた。

特に、世界最大の民間経済団体である国際商業会議所(ICC)のアジェイ・バンガ会長には、「新しい貿易ルールを樹立していく過程で大韓商議とICCが積極的に協力することを期待する」と書いた。中国国際貿易促進委員会(CCPIT)の高燕会長宛には、韓国と中国の共同発展のために両国商工会議所が主導的な役割を果たすことを、三村明夫日本商工会議所会頭には、2018年以降中断していた韓日商議会頭会議の再開を期待しているとの立場を示した。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
SKグループの会長で、韓国経済団体の大韓商工会議所会頭に就任した崔泰源氏は、日本商工会議所にトップ同士の会議を再開するよう働きかけていることが明らかになったと韓国経済新聞などが報じている。報道によると、崔会長は日本商工会議所の三村明夫会頭に「長年培ってきた民間レベルの交流協力の拡大を希望する」とし、2018年から中断している日韓・韓日商工会議所首脳会議の再開を促したという。

2021-03-30-k003.jpg

一方、崔氏は29日、世界約130カ国の商工会議所会頭宛てに相互交流協力の強化を呼び掛ける書簡を送付。「世界の商工会議所が各国政府の経済政策の立案を支えビジネス環境を改善する上で中心的な役割を果たすよう願う」とのメッセージを伝えたという。韓国の主要4企業グループのトップが大韓商工会議所会頭に就任するのは初めてとなる。大韓商工会議所会頭の任期は3年で、1回に限り再任可能。

同商工会議所は中小企業から大企業まで18万社の会員を束ねる韓国最大の経済団体で、ソウル商工会議所をはじめとする73の地方商工会議所を代表する。世界約130カ国・地域の商工会議所とネットワークを築いている。

関連記事

[ 2021年03月30日 08:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ずいぶん斜め上な
これは、ずいぶんな高所から、斜め上な売り込み発言。
売り込みなら、素直に製品の長所を訴求すればいい。
バッテリー戦争でLGに負けたSKのトップが、SK流な巻き返し。
[ 2021/03/30 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp