韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  半導体大乱に…現代自動車コナの生産ライン止まるか

半導体大乱に…現代自動車コナの生産ライン止まるか

現代自動車が小型スポーツ多目的車(SUV)「コナ」の減産案を労働組合と協議している。世界の自動車業界を襲った車載用半導体不足のためだ。これに加え現代自動車は来月販売に入る電気自動車「アイオニック5」の生産台数も大幅に減らした。半導体ではなくモーターの納品を適時に受けられないためだ。

29日の自動車業界によると、現代自動車は蔚山(ウルサン)第1工場で量産する「コナ」「ベロスター」について一定期間生産を中断することを検討中だ。現代自動車労使はこの日緊急会議を開き、部品需給支障にともなう休業、勤務時間縮小など対応案を協議した。今回の会議は車載用半導体が相対的に多く必要なカメラと一部モジュールなどの需給が円滑でないことから、使用者側が労組に先に要請した。現代自動車関係者は「一部車種で部品需給問題から対応策を検討しているが、減産の可否はまだ確定していない」と話した。現代自動車が蔚山第1工場の休業を決める場合、来月5日から1週間にわたり生産ラインの稼動を止める案が有力だ。半導体需給状況により休業期間は延びる可能性もある。

現代自動車はコナやベロスターと同じ蔚山第1工場で生産する「アイオニック5」の生産台数も当初の月1万台から2600台に大幅縮小した。現代自動車に電気自動車用モーターを供給する現代モービス大邱(テグ)工場の生産設備に問題が生じたためだ。現代モービス関係者は「モーター生産設備の一部が安定化できず、モーターを当初計画したほど生産できなかった」と話した。これに対し現代自動車関係者は「最大限速く生産ラインを安定化し顧客や協力会社に不便がないようにしたい」と明らかにした。
https://japanese.joins.com/JArticle/277079?servcode=300§code=320

スポンサードリンク
一方日本では、ルネサスエレクトロニクスは3月19日、半導体を生産する那珂工場(茨城県ひたちなか市)で火災が発生したと発表した。火災は先端品を扱う300mmラインで発生。現在は生産停止しており、再開時期も未定としている。世界的に車載半導体の不足が深刻化するなか、今回の火災による操業停止が長引けば、自動車生産への影響に拍車をかける可能性もある。

2021-03-22-k005.jpg

火災による製造設備などへの被害が不明なため、300mmラインの再開時期は未定としている。 一方で、建屋の異なる200mmラインやウエハテスト棟などは稼働しており、火災後も製品の出荷を継続している。半導体大手のルネサスでは、2月13日に発生した福島沖地震で那珂工場の操業を停止した。また、半導体市場は、パソコンやスマートフォン、第5世代移動通信システム(5G)関連の需要が増えていたところへ、コロナ禍で落ち込んでいた自動車生産が急回復し、需給がひっ迫。2020年末ごろから車載半導体の供給不足が顕在化している。2021年夏までには正常化するとの見方もあるが、現時点では供給不足により自動車メーカー各社が稼働調整を実施している。

関連記事

[ 2021年03月30日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
販売不振
ヒュンダイは昨年、輸出不振で台数が11%減少、
もともと、リストラ必至な状況。コナは輸出中心だから
ここで、生産調整。部品不足は理由づけにちょうどいい。

半導体不足で減産というが、そもそもコロナで販売が
落ちているから、各社とも減産は結果オーライでしょう。
[ 2021/03/30 17:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp