韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  ドイツ、「アストラゼネカ製ワクチン、60歳以下は接種しないように」勧告

ドイツ、「アストラゼネカ製ワクチン、60歳以下は接種しないように」勧告

ドイツが新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチン接種の基準を変える見通しだ。アストラゼネカ製ワクチンは60歳以上の高齢者に限って接種するというのが骨子だ。若年層、特に若い女性にアストラゼネカ製ワクチン接種以降脳静脈洞血栓症に疑われる事例が発生するためだ。

独ロベルト・コッホ研究所(RKI)傘下の予防接種委員会は60歳以上に限ってアストラ製ワクチン接種を勧告することにしたと地方紙アウクスブルガー・アルゲマイネがあらかじめ入手した勧告案を引用して30日伝えた。ドイツの首都ベルリン市やブランデンブルク州、ミュンヘン市は60歳以下に対するアストラ製ワクチンの接種を一時的に中止した。ベルリン市傘下市立病院は55歳以下の女性に対するアストラ製ワクチン接種を当分しないことにした。

ドイツ内でアストラ製ワクチン接種後に脳静脈洞血栓症に疑われる事例は31人に増え、この中で9人は死亡した。31人の中でほとんどが20~63歳の女性だった。2人は36歳と57歳男性だった。60歳以下の場合、医師の診断を受けた後、アストラ製ワクチン接種が可能だ。すでに1回目の接種をアストラ製にした場合に対しては4月末まで勧告案を発表するものみられる。
https://japanese.joins.com/JArticle/277136?servcode=A00§code=A00

スポンサードリンク
製薬大手アストラゼネカが、厚生労働省に承認申請を行っている新型コロナウイルスのワクチンについて、日本法人のワクチンの責任者がNHKの取材に応じ、承認され次第、日本国内で大半のワクチンを製造し、速やかに供給していく考えを示している。アストラゼネカは、承認されれば、新型コロナウイルスのワクチンを、国内の製薬会社に委託して4000万人分以上を製造することにしている。このうち原液は、兵庫県芦屋市に本社がある製薬メーカー「JCRファーマ」が担当し、神戸市内の工場で製造する。

2021-03-31-k006.jpg

工場では、専用の部屋に、新型コロナウイルスの遺伝子が組み込まれた、ワクチンのもととなる溶液が運び込まれ、培養を進める。一定の量まで増えると「バイオリアクター」と呼ばれる、高さ3メートルほどのタンクに移される。この装置の中には、樹脂製の特殊な袋があり、溶液を温めたり、かき混ぜたりしてワクチンを完成させていくとしている。この袋を使うことで、製造後の洗浄の手間を省くことができ、生産効率性が高まるとしている。

一方、欧州諸国でアストラゼネカ製ワクチンの接種を一時停止する動きが3月10日から1週間で少なくとも15カ国に広がっていることに対する発言だ。関連性はまだわからないが、接種後に血栓ができ、なかにはそれで死亡した事例が報告されたためだ。ユーロニュースの編集者によればドボルチクは、「(アストラゼネカの)ワクチン接種を一時的に中断している国のほとんどは、メディアのセンセーショナルな報道によってパニックに陥っている」と述べている。

アストラゼネカ製ワクチンの接種を中断または中止した国は、オーストリア、デンマーク、エストニア、フランス、ドイツ、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、ルーマニア、スロベニア、スペイン、スウェーデンの17か国。

関連記事

[ 2021年03月31日 09:05 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp