韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  野村20億ドル損失、韓国系大口顧客に噛まれたウォール街

野村20億ドル損失、韓国系大口顧客に噛まれたウォール街

韓国系ヘッジファンドのマネージャー、ビル・ファン(ファン・ソングク)氏が触発した数兆ウォン規模の損失がウォール街を揺るがしている。ファン氏が運用する投資ファンド「アルケゴス・キャピタル・マネジメント」が投資した株式が一斉に急落し、ファンドに融資を行っていた大手投資銀行は数兆ウォン規模の損失が避けられなくなった。

アジア最大の投資銀行である野村ホールディングスの損失は約20億ドル(約2200億円)に達すると試算されている。野村の株価は29日、14%も暴落、クレディ・スイスは13%安、ドイツ銀行、UBSなどにも損失が生じたとされる。野村など大手投資銀行が衝撃に耐えられないとする懸念も浮上した。ビル・ファン氏とは何者で、何が起きているのか。

ビル・ファン氏は白人男性が圧倒的主流を占めるウォール街のヘッジファンドマネジャーではまれな韓国系だ。高校3年の時に米国に移民し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)とカーネギーメロン大学の経営大学院(MBA)を卒業した。父は牧師、母は宣教師だった。「ヘッジファンドの父」と呼ばれるジュリアン・ロバートソン氏が運用していた「タイガー・ファンド」に務めていた。ロバートソン氏はジョージ・ソロス氏と肩を並べる大物だ。

スポンサードリンク
ビル・ファン氏は主にアジア企業に投資を行い、ロバートソン氏の「天才門下生」として名を馳せた。2001年に独立し、「タイガー・アジア・ファンド」を設立。「タイガー・カブ(虎の子)」という別名で呼ばれた。年平均16%の収益を上げ、運用資金が50億ドルを超えた。02年に韓美薬品に投資し、3倍を超える収益を得たこともある。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/31/2021033180019.html?ent_rank_news

2021-04-01-k003.jpg

証券最大手の野村ホールディングス(HD)が米国で巨額損失発生の可能性があると29日に発表し、同社株は売り注文が殺到して前週末終値より約16%も下落した。損失額は未定として公表していないが、直近26日時点の市場価格でみて最大で約20億ドル(約2200億円)規模になるという。野村HDによると、米国の子会社と大口顧客との取引で損失が発生し、20億ドルを顧客へ請求する事態になったという。

顧客名や取引内容を明らかにしていないが、最悪の場合は全額回収できなくなる。取引に関連して持つ有価証券の売却状況や市場価格の変動で請求額は変わる可能性があり、業績への影響がわかり次第公表する予定。これを受け、23日に条件を決めた米ドル建て普通社債32億5千万ドル(約3575億円)の発行見送りも決めた。発行は今後の業績を見たうえで改めて考えるとした。

業界のアナリストは「先週、米国のある投資家が行き詰まり、野村の損失はこの影響ではないか」とみている。投資家の資産を現金化するため、大量の株式の一括売却があったとみられる。米株式市場はこの影響で、一部メディア企業などの株が急落している。 野村HDは業績予想を出していないが、SMBC日興証券の予想によると、2021年3月期の純利益は4208億円。2200億円の損失が発生した場合、1700億円程度まで落ち込む可能性があるとのこと。

関連記事

[ 2021年04月01日 08:29 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp