韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  トヨタ・日産など日本の自動車メーカーで生産165万台減少

トヨタ・日産など日本の自動車メーカーで生産165万台減少

日本の車載用半導体メーカーであるルネサスエレクトロニクスの工場火災で日本の新車生産台数が6カ月間で165台以上減少するだろうという見通しが出てきた。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は31日、火災が発生したルネサスの那珂工場が4月から生産を再開してもトヨタ自動車とホンダ、日産自動車など日本の自動車メーカーの4~9月の生産台数がこれまでの予想と比べ165万台以上減るだろうと分析した。

野村証券はルネサスの火災の余波で4-6月期に日本の自動車メーカーで120万台、海外自動車メーカーで40万台など世界の自動車生産台数が160万台減ると予想した。この期間の全自動車生産台数の7%に達する数値だ。自動車制御用半導体(マイコン)世界1位であるルネサスの競争力も大きく落ちると予想された。ルネサスは火災と生産中断により売り上げが175億~240億円減少すると予想した。

2011年の東日本大震災の余波で那珂工場の生産が3カ月間中断された時は2010年に28.1%に達していた自動車制御用半導体のシェアが17.0%に下落した。海外の競合企業に顧客を奪われたためだ。ルネサスは前日に記者会見を行い、生産能力を以前の水準に回復するには3~4カ月かかると明らかにした。21日に火災収拾に1カ月程度必要とされると予想したより長引く見通しだ。

スポンサードリンク
半導体調達が困難になりトヨタ自動車と日産自動車など日本の自動車メーカーは減産を検討していると日本経済新聞は伝えた。トヨタ関係者は「6月までの半導体は何とかかき集めているところだが、7月以降は厳しい」と話した。ホンダ関係者は「4月末くらいには一部車種で生産の影響が出てくるかもしれない」と説明した。アップルの最大協力会社であるフォックスコンの劉揚偉会長も前日の業績発表で「世界的な半導体不足現象は2022年末まで続く可能性が大きい」と話した。
https://japanese.joins.com/JArticle/277186?servcode=300§code=320

2021-04-01-k005.jpg

半導体大手ルネサスエレクトロニクスの那珂工場が火災で一部生産停止となり、同社の製品を使っている自動車メーカー各社が影響の確認を急いでいる。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は昨年から続く半導体不足に今回の火災が追い打ちとなり、2021年度上半期の国内自動車大手の減産が計165万台に上るとの試算をまとめている。

減産の内訳はトヨタ自動車が65万台、ホンダが29万台、日産自動車が27万台で、同証券の杉本浩一シニアアナリストは「減産は避けられない状況だ」と指摘した。トヨタは火災の影響について「精査中」としている。ホンダは「生産停止が長期化すれば影響は出てくるだろう」とした。ホンダは半導体不足などの影響で2月、21年3月期の四輪車の販売予想を10万台引き下げたばかりだった。

野村証券はルネサスの出荷が滞るため、4~6月の国内自動車大手の世界生産は120万台(うち国内40万台)減少する可能性があるとした。 半導体は第5世代(5G)移動通信システムや電気自動車(EV)の普及で需要が急拡大している。昨年10月に旭化成の宮崎県延岡市の半導体工場で発生した火災や、2月に米国を襲った寒波の影響もあり、業種を超えた世界的な奪い合いが発生している。

関連記事

[ 2021年04月01日 08:36 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
半導体アロケ
自動車メーカーの垂直統合と、JIT方式が崩れる、ということ。
明日使う分だけ持ってこいといわれても、無いものは無い。

近いうちに、トヨタがリーダーシップをとって、系列のダイハツ、
スバル、マツダなどに購入半導体の割り当てが行われる。
ほっておくと、値上げ要求がくる。
[ 2021/04/03 15:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp