韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済研究院「韓国企業、米中との差が拡大…規制改善が切実」

韓国経済研究院「韓国企業、米中との差が拡大…規制改善が切実」

米国や中国、日本と比べ、韓国企業の競争力が落ちているという調査結果が明らかになった。 全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院(韓経研)は、経済専門誌「フォーチュン」が毎年選定している世界企業番付「グローバル500」に基づき昨年の韓国・米国・中国・日本のグローバル企業数と売り上げなどを分析した結果、韓国企業の競争力が大きく後退したと1日に明らかにした。

韓経研によると、昨年「グローバル500」に入った韓国企業は計14社で、前年に比べ2社減少した。 一方で中国は2019年の119社から20年には124社で5社増加した。日本は同じ期間に1社(52社→53社)増えた。米国は121社で変わらなかった。 「グローバル500」に入った韓国企業の売上高は19年の9094億ドルから20年には8004億ドルと12.0%減少した。米国は同じ期間に9兆4025億ドルから9兆8063億ドルと4.3%増加した。中国も7兆9149億ドルから8兆2949億ドルへと4.8%増加した。日本は昨年3兆1241億ドルで前年に比べ0.2%減少した。

韓国企業の売上高が「グローバル500」の売上高に占める割合も19年の2.8%から20年には2.4%と0.4ポイント減少した。 同じ期間に米国(28.8%→29.5%)と中国(24.2%→24.9%)はいずれも0.7ポイント増加した。日本は9.6%から9.4%に低下した。 「グローバル500」内の韓国企業の順位も大幅に下落した。韓国企業14社のうち前年より順位が下落したのは10社だった。

スポンサードリンク
サムスン電子(19年15位→20年19位)、SK(73位→97位)、ポスコ(171位→194位)、LG電子(185位→207位)、韓国電力(193位→227位)などが代表的だ。 SKハイニックスとLG化学は19年、「グローバル500」に含まれたが昨年は圏外となった。サムスン電子は16年にライバル社のアップルに逆転され(アップル9位、サムスン電子13位)、昨年は順位の差が7ランク(アップル12位、サムスン電子19位)に開いた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/01/2021040180261.html

2015-04-09-sa-1.jpg

世界半導体覇権を占めるための米国の「進撃」が著しい。政府は大規模投資計画を発表し、代表メモリー企業のマイクロンはNAND型フラッシュメモリー世界2位の日本キオクシア(旧東芝メモリ)買収を推進するなど全方向的に乗り出している。先月、インテルのファウンドリ進出宣言に続いてメモリーにも領土を広げているという分析だ。

ジョー・バイデン米国大統領は先月31日(現地時間)、8年間で2兆3000億ドル(約254兆3710億円)を投じる大型インフラ浮揚策を発表し、半導体産業に500億ドルを投資すると明らかにした。これとは別に、半導体と先端コンピューティング・通信・エネルギー・バイオ技術を集中開発する国立科学財団の設立・運営にも500億ドルを投じると明らかにしている。

この日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は複数の関係者を引用してマイクロンとウエスタンデジタルがそれぞれキオクシアの買収を検討中だと報じた。キオクシアの企業価値は300億ドル水準だと評価されている。株式所有構造はSKハイニックスが参加した韓日米コンソーシアム49.9%、東芝40.2%、HOYA9.9%となっている。

韓国半導体業界は衝撃に陥った。2002年からNAND型フラッシュメモリー市場1位を守ってきたサムスン電子が先頭を奪われる可能性がある。マイクロン(5位)、ウエスタンデジタル(3位)のうちどちらか1社がキオクシアを買収すれば生産能力でサムスン電子を追い抜く可能性が高い。業界関係者は「今回の買収検討には米国政府の影響が作用した」と分析している。

関連記事

[ 2021年04月02日 08:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp