韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国はサムスンに何を望むのか…ホワイトハウスの呼び出しに隠された意図

米国はサムスンに何を望むのか…ホワイトハウスの呼び出しに隠された意図

世界的な半導体不足現象を解決するため、ホワイトハウスがサムスン電子を呼び出した。韓米日3カ国安保室長会議でも「半導体供給網協力」が案件ということが分かった。

ブルームバーグ通信は1日(現地時間)、ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)とブライアン・ディース国家経済会議(NEC)委員長が産業界の指導者らと会い、世界的な半導体の品薄減少とその対策について話し合う予定だと報じた。招かれた企業の中には、半導体メーカーのサムスン電子、グローバルファウンドリーズと、自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)が含まれている。世界の産業界はコロナの大流行以降、米中対立や家電・IT業界の半導体需要増加など複合的な要因により半導体不足現象に直面している。特に車両用半導体の需給難が深刻で、GMなど多くのメーカーが減産に入った。半導体不足がコロナ後の景気回復の足かせになるだろうという懸念も浮上している。

半導体業界ではホワイトハウスのサムスン電子呼び出しを、米国内にある半導体ファウンドリー(委託生産)工場増設を急げ、という強力な圧迫として解釈している。サムスン電子は昨年から、韓国・平沢と米国テキサス州オースチン、ニューヨーク州バッファロー、アリゾナ州などを新規ファウンドリー工場候補地として検討してきた。

スポンサードリンク
ホワイトハウスの今回の会議開催は、当面の車両用半導体不足問題の解決が第一次の目的といえる。だが米国は、より大きな国家安全保障戦略の観点からも「半導体自立」のため安定的な半導体供給網構築を推進している。コロナ大流行の後、必須品目の生産は外国に依存すべきでないという反省が強まり、しかも半導体は家電製品から自動車、兵器システムに至るまで、現代人の生活に必要なほとんど全ての製品に入っているからだ。究極的には、半導体分野で主導権を確保し、中国に対するけん制を強化しようという目的もある。これにより、国防予算を編成する国防授権法にも半導体研究・開発のための予算を含め、ジョー・バイデン大統領も今年2月に自ら半導体の米国内生産・研究・開発を強調した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/03/2021040380004.html

2021-04-03-k006.jpg

今月、バイデン政権初の首脳会談が予定されており、その会談相手は日本の菅義偉総理である。そして、世界第1位と第3位の経済大国かつ民主主義国である日米首脳会談が真っ先に設定された時点で、その会談の国際政治上の意味は誰でも理解できるため、菅総理の外交的勝利はほぼ確定したと言って良いだろう。

日米首脳会談はバイデン外交の試金石として国内外のメディアに大きく注目されることになる。バイデン政権は同盟国重視の外交姿勢を示しており、米国側には日本に対して積極的に友好姿勢を見せる以外に選択肢は存在しない。そのため、同首脳会談は日本にとって極めて有利な政治環境の中で行われると思って良い。菅総理がこのタイミングでバイデン大統領との対面会談を勝ち得ただけで、菅政権の外交交渉能力は極めて高いと言える。

またバイデン政権は200兆円を超えるインフラ投資を表明しており、その投資内容は現在進行形で調整中となっている。インフラ投資は日本の商品・サービス・ノウハウなどを活用できる分野であり、バイデン政権の意向次第では日本企業にとって巨額のビジネス機会が生まれる。バイデン大統領は米国の将来を左右するサプライチェーンの見直しを発令し、100日以内に「半導体」「医薬品」「レアアース」「電気自動車用バッテリー」の4つの重要品目の見直し計画、1年以内に国防、医療・バイオ、ICT・データ、エネルギー、運輸(インフラ)、農産物・食品のセクター別のサプライチェーンの見直し計画を作成することを宣言している。

関連記事

[ 2021年04月03日 08:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp