韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  一汽トヨタ、AMRにより自動車製造の自動化をサポート

一汽トヨタ、AMRにより自動車製造の自動化をサポート

一汽トヨタ天津拠点泰達工場で3月30日、数十台のAMR(自律走行搬送ロボット)が秩序正しく入庫、検収、保管、生産ラインへの搬送などの操作を行っていた。科技日報が伝えた。

AMRは機械のスマート化、スマート製造をけん引する次世代物流設備だ。従来のAGV(無人搬送車)と比べると、AMRはハイテクによりロボットのブレインの中で二次元地図を直接構築でき、よりフレキシブルに調整し、自主的に回避し、協同作業を行うといった重要な物流能力を持ち、複雑なシーンにおける応用ではより優位に立つ。

一汽トヨタが今回導入したAMRは、3種のナビゲーションモードがカスタマイズされた。さまざまな種類、複雑なルート及びシーンに基づき、自主的に最良のナビゲーションモードに切り替える先進的な機能を持つ。1千種類近くの部品の100%のスマート搬送が可能で、総組立生産ラインの200カ所近くの持ち場における部品の自動供給を実現している。フォークリフトから荷物を下ろし、生産ラインの持ち場に部品を供給する全フローのスマート物流を実現。毎年1000万元(約1億7000万円)近くの物流費及び人件費を削減し、倉庫保管のコストを数百万元削減する。

スポンサードリンク
また、スマート検収システムには先進的なハードウェア読み取り設備とスマートアルゴリズムプラットフォームがあり、99.97%以上のデータ読み取り成功率、100%の解析成功率を持つ。同時にディープラーニングアルゴリズムを持ち合わせ、スマートエラー訂正警告機能を提供し、部品搬送の精度を100%に上げている。物流の精度は100%で、生産効率が大幅に向上している。
https://www.recordchina.co.jp/b874365-s6-c20-d0189.html

2021-04-05-k001.jpg

グローバルインフォメーションが取り扱う市場調査レポートでは、AGV・AMR市場は2026年まで約35%のCAGRで成長し、132億米ドルに達すると予想。今後5年間で設置台数は、計150万台を超える見込みとしている。製造・物流分野のトレンドとして、eコマースの成長は、倉庫自動化におけるAGV-AMRの需要な推進力となっている。世界のeコマース売上高は過去10年間にCAGR20%で成長し、2019年には3兆5000億米ドルに達し、2026年には7兆5000億米ドルに達すると予測されている。

先進国を中心に人件費や賃金率が高く、フォークリフトオペレーターの年間コストは5万米ドルになり、24時間稼働する場合、3・4人のドライバーとフォークリフト1台分で年間コストは20万米ドル以上になるため、自動化ニーズを後押ししている。また、機械学習と人工知能は、幅広い自動化システムの柔軟性と使いやすさを大幅に向上させることで、ピッキング技術に対するマシンビジョンのメリットをはるかに超えて、物流自動化に影響を与えることになると予測される。

QRコードに続いて、LiDAR、ビジョンカメラ、センサーフュージョンは、柔軟性、安全性、精度の高さから見ても、この分野で商業化される主要なナビゲーション技術になり、センサーフュージョンAMRは、70%の成長率で成長するとしている。ナビゲーション技術とソフトウェアの専門企業(オートノミーサービスプロバイダ)が、AIとマシンビジョンの助けを借りて、モバイルロボットメーカーをサポートしている。

関連記事

[ 2021年04月05日 07:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp