韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国で韓国車が「ウッズの命を救った車」として人気に?販売新記録を樹立

米国で韓国車が「ウッズの命を救った車」として人気に?販売新記録を樹立

2021年4月2日、韓国・マネートゥデイは「現代(ヒュンダイ)・起亜自動車が『タイガー・ウッズの命を救った車』として注目され、米国進出以来、最多販売記録を打ち立てた」と伝えた。 記事によると、現代自は米国で3月に前年同月比117.3%増の7万8409台、起亜自は46.5%増の6万6523台を販売した。現代自(1986年)、起亜自(1994年)共に米国進出以来、最も多い販売台数だった。

新型コロナウイルスの影響を強く受けていた米国市場が回復し需要が増え、特にスポーツ多目的車(SUV)の販売が急増したという。とりわけ現代自の高級ブランド「ジェネシス」は、前年同月比210.2%増の3006台を販売。このうちGV80が1636台となっている。これも米国進出以来、最多記録だという。2月に世界的プロゴルファー、タイガー・ウッズが横転事故を起こした際に載っていたのがジェネシスGV80で、ウッズは足を負傷したものの命に別状がなかったことから、その安全性に注目が集まったことと、先ごろ米国道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価で、最高評価の「トップセイフティピックプラス(TSP+)」を獲得したことが、その「成功要因」だと、記事は評価している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「現代自は今や世界的な名車だ」「現代・起亜自、万歳!。大韓民国、万歳!」「ジェネシス、カッコいいね」「ジェネシスは性能、コスパとも問題なし。ドイツ製だったら人気モデルになってただろうな」「まだ海外メーカーと比較すると劣勢ではあるが、この調子で頑張っていってほしい」「自分はアウディに乗ってるが、意外に故障は多い。ジェネシスブランドはまだ独メーカーに押されてはいるが、決して性能は劣らないよ」など、喜びと現代自への激励のコメントが殺到している。

スポンサードリンク
一方で「輸出用だからだよ。国内向けモデルでは、そうはいかない」「米国向けに米国の基準で造った車だ。韓国で造った物とは安全性が全く異なる。韓国内を走っている車に米国で検査を受けさせたら、違う結果が出るだろうね」など、冷ややかな声も多く寄せられている。
https://www.recordchina.co.jp/b874414-s25-c20-d0195.html

2021-04-06-k001.jpg

米カリフォルニア州ロサンゼルス(LA)郊外で23日に横転事故を起こして重傷を負った米男子ゴルフのタイガー・ウッズ(45)が運転していた韓国の自動車メーカー「ヒュンダイ(現代自動車)」のジェネシスGV80が、事故を受けて脚光を浴びている。ウッズは先週、ヒュンダイがスポンサーとなってLAで開催された男子ゴルフのジェネシス招待で大会ホストを務めており、LA滞在中は同社からGV80を提供されていた。

ウッズはこのGV80を運転中に下り坂のカーブでコントロールを失って中央分離帯に突っ込んだあと、木や看板にも衝突し、数回転しながら反対側の草むらに転落する大事故を起こした。「生きていたのが奇跡」と現場に駆け付けた救助隊員も証言するほど車は大破していたが、命に別条がなかったことから車の安全性が命を救ったのではないかとSNSで話題になっているとUSAトゥデイ紙が伝えている。

事故現場周辺は坂とカーブが多い丘陵地形で、普段からスピードを出す車も多いことから事故が多発する場所として地元では知られている。ウッズは下り坂を制限速度を大幅に上回るスピードで走っていた可能性が報じられており、警察はシートベルトをしていたことやエアバッグが作動したことが命を救ったとコメントしている。

関連記事

[ 2021年04月06日 08:00 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp