韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、1人当たり国の借金400万ウォン以上増える…年末には国の借金2100兆ウォンに

韓国、1人当たり国の借金400万ウォン以上増える…年末には国の借金2100兆ウォンに

昨年の国の借金が2000兆ウォン(約196兆円)に迫り、過去初めて国内総生産(GDP)を上回った。年間の国の財政赤字幅も100兆ウォンを大きく上回った。景気不振で税金収入が減る中で新型コロナウイルスに対応し拡張財政を展開した結果と分析される。

韓国政府が6日の閣議で審議・議決した「2020年度国家決算報告書」によると、昨年の国の借金は1985兆3000億ウォンと集計された。前年の1743兆6000億ウォンより13.8%増加し過去最大を更新した。これは1924兆5000億ウォンと推定される昨年のGDPを上回る規模だ。 年金引当負債を除き中央政府と地方自治体が必ず返さなければならない国の借金は846兆9000億ウォンだった。前年より123兆7000億ウォン増加した。GDP比の国の借金比率は37.7%から44.0%に上昇した。

政府の総収入から総支出を差し引いた統合財政収支は71兆2000億ウォンの赤字を記録した。統合財政収支から4大保障性基金を除き実質的な国の財政を示す管理財政収支は112兆ウォンの赤字だった。政府は今年も拡張財政基調を継続し、赤字国債を100兆ウォン以上発行する計画だ。このため今年末の国の借金規模は2100兆ウォンに達する見通しだ。

スポンサードリンク
国の負債の種類はさまざまだ。通常は国の借金といえば中央政府と地方政府の負債で確定したものを示す。この負債の規模は昨年末基準で846兆9000億ウォンだ。ここに非確定負債を加えたものを国の負債という。国の借金に軍人年金や公務員年金などの年金引当負債などを加えたものだ。国の借金が政府が必ず返さなければならない負債ならば、非確定負債は潜在的な負債という意味だ。広義の国の借金である国の負債は昨年末基準1985兆3000億ウォンで集計された。最近の負債増加速度などを考慮すると今年末にはこの規模が2100兆ウォンを上回るだろうという観測が出ている。
https://japanese.joins.com/JArticle/277380

2015-07-14-wa-1.jpg

日本も韓国も貿易収支は黒字。単に国内需要よりも生産力が大きいので海外に物品を輸出し、結果、所得が大きくなっている『黒字』であり、正確には『生産力過剰』を意味している。日本と韓国での決定的な違いは経常収支の一次所得。日本は大幅な黒字、韓国は圧倒的に赤字。 日本のように一次所得が黒字ということは海外からカネが入ってくることを意味する、一方、韓国の赤字の内容は『政府予算の赤字』となる。政府予算の支出がその倍以上の30-40兆円相当。税収分と同じ程度に政府予算が不足する。

日本も同じで、政府予算の半分は税収。残りを国債で穴埋している。日韓の違いはこの国債の購入者の割合となる。日本の場合、日本国内の金融機関が国債を購入する。特に先進諸国の『国債』は安定資産ではある。なので経済危機になると国債と金が買われるようになる。 しかし韓国の場合、国内の金融機関が脆弱で、この不足分の国債を韓国国内で消費することが出来ない。なので外国人投資家に頼るしか無い。赤字が外債なだけでなく、政策予算の過半が外債となる。これが致命的と言える。

自国が海外に貸し込んでいるカネの倍以上も借り込んでいる。無論、全てが韓国国債購入分ではなく、株式市場にも多くが還流されている。それでも政府予算のかなりの部分を外債に頼っている。実に不安定な政府運営を強いられている。同時に韓国政府の外国人投資家への実際の支払い金額が巨額だということであり、国内民業にとっては「カネを借りにくく、返しにくい」という状況となる。同時に過度なインフレターゲット戦略により、韓国民の可処分所得の成長率がインフレ率に追いつかなくなっており、所得は増えたのに『実質、減った』という生活苦に陥る。民需が弱いままの理由でもある。

関連記事

[ 2021年04月08日 07:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp