韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の長者数が初めて米国を抜く、北京が世界一に

中国の長者数が初めて米国を抜く、北京が世界一に

米経済誌フォーブスは現地時間6日、第35期世界長者番付を発表した。それによると、世界はまだ新型コロナウイルス感染症によって大きく混乱し、経済が低迷するという状況にあるが、世界の富豪の総資産は過去1年間で8兆ドル以上増加した。2021年には世界の億万長者は2755人に達し、過去最高を更新した。長者のうち、493人が初めて番付に載り、中国と米国の寄与が最も大きかったという。環球時報が伝えた。

米ABCテレビは7日、「2021年3月末現在、世界の億万長者の資産総額は約13兆1000億ドルに達し、昨年の番付発表時の5兆ドルを大幅に上回った」と伝えた。同誌のケリー・ドーラン副編集長はコメントを発表し、「多くの面で今年は記録破りの1年だ。新たに番付に入った長者がこれまでのどの年よりも多く、世界の億万長者の数もこれまでより多い。世界の億万長者の純資産が初めて10兆ドルの大台に到達した年でもある。巨額の資産が生み出されるスピードは驚異的だ」と述べた。

今年の番付では、アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の純資産は1770億ドルで、ベゾス氏は4年連続で首位に立った。テスラのイーロン・マスクCEOは1510億ドルで、昨年の31位から大幅に順位を上げて今年は2位になった。トップ5を見ると、フランスのラグジュアリーブランドグループのLVMHのベルナール・アルノー会長は1500億ドルで3位、マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツ氏が1240億ドルで4位、フェイスブックの創業者でCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は970億ドルで5位。米紙ワシントン・ポストは報道の中で、「過去1年間にテクノロジー企業の株価が大幅に上昇したことが、番付トップに並んだ長者たちを支えた重要な要因だ」と強調した。

スポンサードリンク
長者の出身地を見ると、今年は中国が745人、米国が724人で、中国が初めて米国を抜いた。都市別にみると、北京の人数がニューヨークを抜いて世界一になった。アジア太平洋地域から番付入りを果たした1149人の総資産は4兆7000億ドル、米国の長者の総資産は4兆4000億ドルだった。新たにスーパー長者になった人の出身地を見ると、中国本土と香港が210人、米国が98人で、米中は新スーパー富豪を最も多く生み出した2大国にもなった。
https://www.recordchina.co.jp/b874691-s6-c20-d0189.html

2021-04-10-k003.jpg

中国の民間調査機関、胡潤研究院の創始者、ルパート・フーゲワーフ氏(英国人)は、このほど北京で開かれた第2回中国公益フォーラムで、同研究院が発表した長者番付「胡潤百富(2013年)」について言及している。 フーゲワーフ氏によると、中国本土で資産10億ドル(約1022億9000万円)を超える“億万長者”は2013年、昨年より64人増加して263人に上り、そのうちの21%が製造業、20%が不動産業に携わっている。また、香港の億万長者を含めると481人となり、さらに台湾も合わせたとすれば、億万長者数は米国を抜いて世界一になるという。

2013年では、同研究院によると、億万長者が多い都市のトップ10に入った中国の都市は、北京が3位、香港が4位、上海が6位、深センが7位だった。

関連記事

[ 2021年04月10日 08:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp