韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  海運貨物運賃が1年間で3倍上昇、第2四半期以降も好況は続く見通し

海運貨物運賃が1年間で3倍上昇、第2四半期以降も好況は続く見通し

昨年第3四半期(7~9月)から続いている海上運送運賃の高止まりが、今年も続いている。韓国海運業界は、この10数年間の不況から立ち直るチャンスと見ているが、一方では、船の空席まで絞り出す荷主らの自助努力も出ている。

11日、海運業界によると、国際海運貨物運賃の動向を示す上海コンテナ運賃指数(SCFI)は、今月9日は1週間前より2.5%高い2652.12となった。今年の最高値である1月15日基準の2885には及ばないが、最安値だった3月26日の2570.68以後、2週連続上昇した。昨年4月は867.82、7月は1033.58だったのと比べれば、2、3倍上昇した。

海運業界では、3月23日(現地時間)から29日まで大型コンテナ船「エバーギブン」号の座礁で起きたエジプト・スエズ運河の通航中断の影響とみている。当初の懸念より、運河の復旧が早く行われ、3日にすべての通航が正常化したが、一部の海運会社は、運河が封鎖されていた期間中、南アフリカ共和国南端の希望峰に片道基準で約9000キロ迂回することにし、一部船舶の予定されていた貨物の船積みや荷下ろしの日程に支障を来たしたという。

スポンサードリンク
海運運賃の高止まりは、第2四半期(4~6月)以降も続くものとみられる。昨年12月末に2500を突破したSCFIが、今年は一度も2500を下回っていない上、新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の影響による取扱量の増加や船舶不足事態は、短期間で解決される兆しを見せていないためだ。新型コロナによって増加した非対面電子商取引の需要とともに、米国や中国などの経済活動の活性化、欧州の新型コロナワクチンの接種増加による経済封鎖の解除があいまって、海運需要を支えている。

関税庁によると、今年1、2月に釜山(プサン)港を通じた輸入件数は26万9506件で、新型コロナが本格化しなかった昨年同期より5.3%増えた。輸入金額は201億5853万ドルで8%増え、さらに大きな増加傾向を見せている。このような海運需要の増加に支えられ、HMM(旧現代商船)の経営業績は史上最高記録を更新するものと予想される。昨年は9808億ウォンの営業利益を上げ、10年ぶりに黒字転換したのに続き、今年第1四半期の営業利益はこれを上回り、1兆ウォン以上も可能だという予測が証券業界などから出ている。 
https://www.donga.com/jp/

2013-12-16-tpp.jpg

昨年11月、日本発アジア向けのコンテナ運賃が急騰していると各紙報じている。これまで日本発コンテナ運賃の高騰は北米航路など長距離航路だけだったが、ここにきてアジア向けにも波及しつつある。特にインド向けはスペースがほとんど取れず、「1カ月前はせいぜい3桁だったのが、いまは4000ドルを超える」との声もある。主要航路でのコンテナ不足により、運賃水準が高い欧米諸国向けにコンテナ回送が優先され、短・中距離のアジア向けにコンテナ機器が回ってこないことなどが影響しているようだ。

「これまで日本発南アジア向けでは中古建機用に40フィートコンテナ当たり300ドル(海上輸送のみ)の格安運賃で出してきたが、16日から600ドル値上げした」 ある船社の営業担当はこう話す。600ドルは値上げ後の金額ではなく、上乗せ額。つまり、週を挟んだところ、海上運賃が3倍(900ドル)になった計算だ。ここにきて、このような極端な値上げが日本発でも相次いで見られるようになっている。北米・南米航路の運賃高騰が大きな話題だったが、こうした流れはアジア向けにも確実に波及しつつある。

北米航路が空前の活況に沸く中、同航路ではスペースやコンテナ機器の不足が徐々に顕在化。急増するコンテナ貨物に西岸諸港や鉄道の処理が追い付かず、北米内陸部にコンテナが滞留したことも、ハコ不足に拍車を掛けていった。 このため、大手船社は高い運賃を獲得できる北米など長距離航路へのコンテナ回送を優先。運賃が低迷していたアジア域内航路へのコンテナ機器の手当てを後回しにしていた。

関連記事

[ 2021年04月13日 08:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp