韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  3月の世界携帯ゲーム市場、中国のシェアが4割に

3月の世界携帯ゲーム市場、中国のシェアが4割に

著名なモバイルアプリケーション分析プラットフォームのセンサータワーが8日、App StoreとGoogle Playにおける2021年3月の携帯電話ゲーム(モバイルゲーム)リリース企業の世界売上高ランキングを発表した。今回はトップ100に中国企業が37社入り、売上高は計22億9000万ドルを超え、トップ100の合計の39.6%を占めた。中国企業のトップ3は騰訊(テンセント)、網易、米哈遊だった。北京日報アプリが伝えた。

騰訊は人気ゲームが多数あり、引き続き力を発揮したことから、その「覇権的地位」を脅かす存在は出現しなかった。具体的にみると、騰訊がリリースした「PUBG Mobile(プレイヤーアンノウンズ バトルクラウンズ モバイル)」は世界で最も人気のある戦術ストラテジーゲームとなり、(移行した「和平精英(ゲーム・フォー・ピース)」を合わせた)20年の中国での売上高は27億ドルに達し、世界では累計51億ドルを稼ぎ出し、ゲーム分野で名実ともに「稼ぎ頭」になった。

また、3月の中国App Storeのランキングでは、トップ3に「王者栄耀」、「和平精英」、「三国志・戦略版」が並んだ。「王者」と「和平」も騰訊が開発したものだ。しかしセンサータワーによると、「このランキングはリリースした企業の売上高しか統計に入れておらず、中国地域の第三者のアンドロイドチャンネルは含まれていない」という。

スポンサードリンク
センサータワーは、「『State of Survival(ステイト オブ サバイバル』と『King of Avalon(キング・オブ・アバロン』などのゲームの売上高が全面的に伸びており、リリースした中国企業のFunPlus(ファンプラス)は同期の売上高が前期比16.5%増加して、再び中国携帯ゲームリリース企業の世界売上高ランキングの上位に返り咲き、4位になった」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/b874809-s6-c20-d0189.html

2021-04-14-k001.jpg

米国の調査会社Sensor Towerは、2月17日付けのレポート「Top Grossing Mobile Games Worldwide for December 2020」で、2021年1月のモバイルゲームの売上トップが、テンセントの『Honor of Kings』になったと伝えている。『Honor of Kings』の売上は2億6730万ドル(約282億円)で、2020年1月からおよそ22%増になったという。売上の97%が中国からとなっている。

2位にランクインしたのは同じくテンセントの『PUBG Mobile』で、その売上は2億5900万ドル(約273億円)を超え果たした。前年同期比で26%増とこちらも二桁成長となった。同タイトルの収益の60%は中国とのローカライズ版である『Game For Peace』からとなっている。次いで米国からのが9.8%を占めた。

3位には、TOP10から外れていたFGO PROJECTの『Fate/Grand Order』が入った。1月の具体的な売上額や内容についての言及はなかったものの、年始に期間限定サーヴァント「★5千子村正」が登場するピックアップ召喚 「お正月キャンペーン」や「福袋召喚」を実施したほか、「復刻 セイバーウォーズ2ピックアップ召喚」「セイバーウォーズ2ピックアップ2召喚」「いざ鎌倉にさよならをピックアップ召喚(日替り)」『「Fate/Grand Order Memories Ⅲ」発売記念概念礼装ピックアップ召喚(日替り)』など開催しており、売上を伸ばした。

関連記事

[ 2021年04月14日 07:49 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp