韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGとSKの争いが終結、その間に中国が追い抜く

LGとSKの争いが終結、その間に中国が追い抜く

中国紙・環球時報は13日、「韓国のLGエナジーソリューションとSKイノベーションの車載電池をめぐる争いが終結するも、その間に中国企業が追い抜いていた」とする記事を掲載した。

記事はまず、韓国・聯合ニュースの報道として両社が11日、SKイノベーションによるLGエナジーソリューションへの2兆ウォン(約1900億円)の賠償金支払いで合意し、紛争終結に関する合意文書を共同発表したと説明。「電池の営業秘密侵害をめぐる2年にも及ぶ争いにピリオドが打たれた」とし、LGエナジーソリューションが2019年4月、SKイノベーションに車載電池の営業秘密を侵害されたとして米国際貿易委員会(ITC)に提訴していたことを伝えた。

そして、米議会やホワイトハウス、商務省などに対するロビー活動のために両社は昨年、13億ウォン(約1億2600万円)以上を使っているなどの情報を示した上で、韓国・中央日報が「LGとSKの2年にわたる電池紛争、中国企業は漁夫の利で世界トップに躍り出た」「電気自動車時代の到来を控え、韓国、中国、日本が2023年までに約100兆ウォン(約9兆7000億円)に拡大するとみられる電池市場を奪おうと戦いを繰り広げているが、LGとSKが紛争に陥っている時に中国企業の寧徳時代は世界シェアを拡大し、はるかにリードした」と指摘したことを紹介した。

スポンサードリンク
市場調査会社のSNEリサーチは「世界市場におけるLGの今年1~2月のシェアは19.2%と昨年1年間の23.5%から下がった。昨年までLGとシェアを奪い合っていた寧徳時代は今年、31.7%に急拡大した」としており、韓国のある大学教授はLGとSKの争いが国内の電池産業の発展を遅らせたとの見方を示したという。
https://www.recordchina.co.jp/b874888-s25-c20-d0190.html

2021-04-15-k002.jpg

電気自動車(EV)の電池技術を巡って韓国のバッテリーメーカー、LGエナジーソリューションが企業秘密を窃取したとして同業のSKイノベーションを訴えていた問題で、SKは2兆ウォン(約2000億円)をLGエナジーに支払い、和解することで合意した 。 両社が和解に達したことで、SK製バッテリーの米国への10年間の輸入禁止が回避されるとともに、2年に及ぶ両社の争いに終止符が打たれる。

SK製品の輸入が禁止されれば、米フォード・モーターの新しい電動ピックアップトラック「Fー150」やフォルクスワーゲンの電動スポーツタイプ多目的車(SUV)「ID.4」の投入が脅かされる事態になっていた。2車種はともに、米ジョージア州のSK工場で組み立てられるバッテリーを搭載する予定で、来年に生産が始まる。

米国際貿易委員会(ITC)は2月10日、SKが企業秘密を盗んだとしてLGエナジーが申し立てた提訴で、SK側が証拠隠滅を図ったとして同社製品の米国への輸入を10年間禁止する決定を下した。両社は国内外で起こした訴訟を取り下げ、今後10年間は法的措置を取らないことでも合意した。

関連記事

[ 2021年04月15日 08:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp