韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  半導体、「台湾の存在が無視できないほど巨大に」と韓国紙、自国超えに危機感も

半導体、「台湾の存在が無視できないほど巨大に」と韓国紙、自国超えに危機感も

世界的に半導体不足が深刻化する中、韓国紙は海外メディアの記事を引用し、「台湾の存在が突然、無視できないほど巨大になった」と評した。台湾には「韓国より多彩な半導体産業が共存」と指摘。現地では「韓国を超える半導体大国になろうという声が高まっている」と危機感を募らせた。

朝鮮日報によると、米ブルームバーグ通信は今年1月末、「今世界は危険なほど台湾製半導体に依存している」と報じた。記録的な寒波で米国内での半導体生産が全面中断し、世界の主な自動車メーカーが相次いで台湾に支援を求めたからだ。 米半導体工業会(SIA)は今月1日、ボストン・コンサルティング・グループと共同で発表したリポートを通じ、「台湾のファウンドリー(受託生産業者)が1年間半導体を生産できない場合、全世界のIT企業で4900億ドル(約53兆円)規模の経済的損失が生じる」と分析した。さらに「台湾の半導体生産能力が永久にまひすれば、世界の半導体サプライチェーンは完全に崩壊し、それを再建するのに最低3年の時間と3500億ドル〈約38兆円〉の資金が必要になる」と試算した。

スマートフォン、テレビ、自動車から先端兵器システムに至るまで半導体を必要としない機器はないとされる時代。世界のシステム半導体の半分以上を生産する台湾の存在なくして、いかなる先端製品も成り立たなくなった。 実際に台湾は昨年、半導体生産額が前年比20.9%増の3兆2200億台湾元(約12兆4200億円)を達成。うち半分以上がファウンドリーによる生産分だった。台湾積体電路製造(TSMC)は最近、「(注文が殺到し)今後は大口の注文でも値引きはない」と発表した。他のファウンドリーは値上げを予告している。そのため、ファウンドリーが占める割合はさらに高まりそうだ。値上げされたとしても、まずは半導体の確保が急務の取引先は、ファウンドリーに苦言を呈することができない立場だ。

スポンサードリンク
台湾はファウンドリー以外にも半導体をチップに加工する半導体後工程とファブレス分野でも世界的な競争力を確保している。昨年、台湾は半導体後工程分野で世界1位(シェア30%)を占め、業界代表格の聯発科技(メディアテック)が善戦したファブレス分野でも世界2位を記録した。聯発科技は昨年、スマートフォン用チップセットで米クアルコムを抜き、シェア世界1位に躍進した。 韓国科学技術院(KAIST)電機・電子工学部の金禎浩教授は「韓国は異常なほどに後工程分野には関心がなく、最近マグナチップなどファブレス企業が中国系のプライベートエクイティファンドに買収される危機に直面した。韓国もメモリー半導体への依存度を速やかに抑えるべきだ」と指摘した。
https://www.recordchina.co.jp/b874970-s25-c20-d0059.html

2021-04-12-k003.jpg

世界的に半導体が不足するなか、半導体の受託生産で世界最大手の台湾のTSMCは今後も需要の拡大が見込まれるとして、最大で280億ドルとしていたことしの設備投資額を300億ドル、日本円で3兆2600億円余りに引き上げるとした。TSMCは15日、ことし1月から3月までの決算を発表し、高性能パソコン関連の半導体の需要が好調だったことから、売り上げは四半期の決算としては過去最高。今後3年間の合計では1000億ドルの設備投資を行う。

日本や欧米などが増産を求めている自動車向けの半導体については、生産態勢を調整することにより、ことしの第3四半期以降、不足した状況が緩和に向かい始めるとの見通しを示した。また、台湾で起きている水不足が半導体の生産に影響を与えるのではないかという懸念に対しては、節水などに取り組むことで、今のところ大きな影響はないとしている。

関連記事

[ 2021年04月19日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp