韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「ベンツの変心」 電気自動車に中国CATL搭載…韓国バッテリーは存在感低下か

「ベンツの変心」 電気自動車に中国CATL搭載…韓国バッテリーは存在感低下か

ドイツのメルセデスベンツが最高級電気自動車モデル(EQS)に中国CATLのバッテリーを搭載する。欧州で「K(韓国)バッテリー」の存在感が低下するのではという懸念が出ている。

業界によると、ベンツは最高級電気自動車セダン「EQS」に中国CATLの角型・パウチ型バッテリーを搭載することにした。ベンツ「Sクラス」の名にちなんだEQSには、メルセデスベンツの電気自動車専用プラットホームが初めて適用された。ベンツは2019年に初めて発売した電気自動車「EQC」にはLGのパウチ型バッテリーを搭載した。

しかしベンツは電気自動車専用プラットホームを導入し、角型バッテリーにまで使用範囲を広げた。ベンツEQSの1回の充電時の走行距離は770キロ(欧州基準)と、テスラの高級セダン「モデルS」(624キロ)よりも長い。最大107.8キロワット時(kWh)のバッテリーを搭載し、テスラ・モデルS(75-100キロワット時)よりエネルギー貯蔵容量を増やしたおかげだ。

中国CATLはドイツ自動車市場に力を注いできた。現在、旧東ドイツ地域のチューリンゲン州に2億4000万ユーロ(約300億円)を投資し、バッテリー工場・研究施設を建設している。CATLがバッテリーセル(バッテリーの基本単位)を供給すれば、ベンツの親会社ダイムラーのシュツットガルト工場でこれをバッテリー製品に組み立ててEQSに搭載する。ベンツとCATLはバッテリーセルをバッテリーパックにする「セル・トゥ・パック」技術も共同開発している。

スポンサードリンク
一方、フォルクスワーゲンは先月、「角型バッテリーを独自開発し、2030年に販売する電気自動車の80%に搭載する」と明らかにした。フォルクスワーゲンにパウチ型バッテリーを納品してきたLGエナジーソリューションとSKイノベーションの立場では、主要顧客を失う可能性があるということだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/277777?servcode=300§code=320

2021-04-19-k002.jpg

ドイツMercedes-Benz(メルセデスベンツ)は2020年8月5日、中国の電池メーカー、CATL(Contemporary Amperex Technology Co., Limited)との戦略的パートナーシップを強化すると発表している。メルセデスベンツ車の電動化を支援する電池技術を共同で開発する。メルセデスベンツの乗用車および小型商用車向けの電池セル、モジュールおよび電池システムまで、広い範囲の電池技術が含まれ、その中にはCATL独自の「cell-to-pack(CTP)」設計も含まれている。CTP設計は、従来のモジュールという概念をなくし、セルを電池パックに直接組み込む技術。

両社は、今後数年以内に導入する新しい世代の電池開発に取り組んでいる。目標は、開発サイクルを短縮して、電池のエネルギー密度を向上させることである。その結果、電気自動車(EV)やPHEVの航続距離の延長や、充電時間の短縮を実現する。2021年に発売する高級セダンのEV「EQS」は、CATLの電池セルおよびモジュールを搭載する。EQSの電池システムは、1回の充電で走行できる距離がWLTPサイクルで700km以上、充電時間を従来の半分にすることを目指す。

関連記事

[ 2021年04月19日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
電池戦略
欧州はもともと電池産業がなかったところから
急なEV化のシナリオ発動なので、自動車メーカーは
それぞれ開発調達戦略を描く。
まず、中韓の電池メーカーと提携して、電池調達と
同時に電池技術獲得。徐々に内製を増やして、最後は
全量内部製造、というシナリオ。
その過程で、うまくやらないと特許紛争が起こります。
[ 2021/04/19 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp