韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国5G2年間の現実、約束した速度の30分の1

韓国5G2年間の現実、約束した速度の30分の1

今月2日午前、ソウル市中区乙支路のSKテレコム本社「Tタワー」前で「5G被害者」による集会が開かれた。参加者らは「移動通信事業者が5Gの全国ネットワークの構築すらまともに行わず、高額の5G料金プランに加入させた。家が完成していないのに、家賃を受け取るようなものだ」と憤った。彼らは移動通信3社を相手取り、5G料金プランに関する集団訴訟を準備中だ。

2019年4月3日夜11時、韓国の通信3社は世界で初めて5Gスマートフォンのサービスを開始した。当初5G商用化は5日午前0時に予定されていたが、米ベライゾンがサービス開始を早めるという情報があったため、政府と通信各社が急きょ時期を前倒しし、「世界初」のタイトルを守った。2年がたった現在、5Gの契約者数は1366万人(2月現在)を超えたが、5Gに対する評価は割れている。

韓国の政府と通信キャリアは韓国が世界で初めて5Gを商用化したため、5G技術のリーダーシップを確保し、通信設備、ソリューションなどの世界市場で韓国企業が競争力を確保できたと主張する。サムスン電子は昨年、米移動通信最大手ベライゾンに約7兆5000億ウォン(約7340億円)相当の5Gネットワーク設備を輸出したのに続き、日本、カナダへの設備輸出を増やしている。5G商用化の経験を掲げ、米政府が先進国市場から追い出している中国・華為技術(ファーウェイ)の後釜に座っている。

スポンサードリンク
LGユープラスは通信事業者としては異例の試みとして、中国、タイ、日本に約2200万ドル(約24億円)の5Gコンテンツと運営ノウハウを輸出した。SKテレコムはアジア、中東、アフリカ地域の通信業界連合であるブリッジ・アライアンスと協力し、5Gモバイルコンピューティングハブを構築し、世界展開に取り組んでいる。過去2年間、韓国国内で5Gネットワーク構築に16兆ウォン以上をつぎ込んだ韓国通信業界は国内の5Gサービス水準が世界最高だと自負している。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/16/2021041680101.html

2021-04-30-k002.jpg

SKテレコム、KT、LGユープラスの韓国通信3社の場合、28GHz帯域の5Gサービスはまだパイロット水準にある。米国・日本企業に比べて基地局設置にかかる資本力が不足し、相対的に5G商用化を急いだ結果と言える。韓国通信3社が28GHzを使用するためには通信装備を多数設置しなければならず、電波エネルギーをビーム形態で集中させてより遠い距離まで安定的に送る「ビームフォーミング」技術の蓄積も必要となる。実際、韓国国内の5Gは米国に比べてスピードが落ちるという結果も出ている。

通信業界の関係者は「3.5GHz帯域だけの5Gサービスには限界がある」とし「相対的に不足している基地局数まで考慮すると、多くの端末が突然5G通信を要請する場合、通信装備が対応できない状態」と伝えている。

関連記事

[ 2021年04月20日 09:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp