韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  ルネサス、5月中に生産回復=工場火災前の水準に―半導体不足、安定供給カギ

ルネサス、5月中に生産回復=工場火災前の水準に―半導体不足、安定供給カギ

半導体大手ルネサスエレクトロニクスは19日、火災で稼働が一時停止した那珂工場(茨城県ひたちなか市)の生産能力を、5月中に火災前の水準に回復させる方針を発表した。

世界的に半導体不足が深刻化する中、顧客企業の協力を得て早期再開にこぎ着ける形。今後、復旧した工場で計画通りに製品を量産・出荷できるかがカギとなる。 柴田英利社長がオンライン記者会見で説明した。那珂工場は4月17日に生産を再開しており、週内に火災前の30%、月内に50%、5月中に100%の生産能力回復を目指す。製造装置は5月中にほぼ全て入れ替える計画だ。

ただ、生産ラインが完全に復旧しても、複雑な製造工程を経て完成品を出荷するまでにはタイムラグが生じる。このため、出荷開始の時期は5月半ば以降、火災前の水準まで出荷量が戻るのは7月ごろになる見通しだ。
https://news.livedoor.com/article/detail/20052556/

スポンサードリンク
大手半導体メーカー、ルネサスエレクトロニクスは火災による操業停止のあと、17日に生産を再開した茨城県の主力工場について、生産能力を来月中に火災前の水準に回復させることを目指すとした。ルネサスエレクトロニクスは、火災で操業を一部、停止していた茨城県の那珂工場での自動車向け半導体などの生産を17日、およそ1か月ぶりに再開させた。

2021-04-30-k003.jpg

今後の生産などの見通しについて19日、オンラインで会見した柴田英利社長は、工場の生産能力を来月中に火災前の水準に回復させることを目指すとした。生産能力は現在、火災前の10%足らずだが、今月中に50%、来月中に100%へ引き上げる計画だ。世界的な半導体不足が続くなか、ルネサスは愛媛県にある自社工場や台湾の受託メーカーによる代替生産も含めて自動車メーカーなどへの供給を増やしていく方針で、柴田社長は「外部からの尽力もいただき奇跡的に再開にたどりつけた。代替生産がより早く量も多く貢献できる見通しが立ちつつある」と述べている。

また、主力工場からの出荷量が火災前の水準に回復するまで、今後2か月余りかかるとの見通しとした。

関連記事

[ 2021年04月20日 09:41 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp