韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の航空会社が日本の空を回る旅を運航へ

韓国の航空会社が日本の空を回る旅を運航へ

2021年4月20日、韓国・イーデイリーなどによると、韓国のエアプサンが5月の1カ月間、金海国際空港、金浦国際空港、仁川国際空港で計17回にわたって無着陸国際観光飛行を運航する。 記事によると、搭乗者は国際線の飛行のためパスポートの提示が必要となる。また、搭乗者は航空機内や空港の免税店、市内の免税店で免税品を購入できるという。

金海空港から出発する航空機は対馬、長崎、佐賀、鹿児島を回って金海空港に戻るコースで、約1時間30分にわたって九州の西側地域を上空から観賞できる。金海空港から運航されるのは初めてのため、5月の1カ月間は2人で11万9000ウォン(約1万1500円)からという特別価格でチケットが販売される。1人の場合は8万9000ウォンからとなっているという。 同社関係者は「無着陸国際観光飛行は低価格の運賃と免税品の購入、多用やイベントなどが人気で平均搭乗率は90%超えている」と説明したという。

しかし、これを見た韓国のネットユーザーの反応は「なぜこんなことを?。飛行機に乗れないことがそんなにつらいのか?」「エコノミーの狭い空間で過ごすのは結構つらい。なのにそれをわざわざお金を払ってやるの?」「利用する人はお金が有り余っている人だ」「グーグルアースで見た方がいい」とあまり好評でない様子。

スポンサードリンク
また「処理水問題で反日感情が高まっている今の時期に日本の空を旅するだなんて。エアプサンは何を考えているのか」と反発する声も上がっている。
https://www.recordchina.co.jp/b875181-s25-c30-d0191.html

2021-04-21-k001.jpg

韓国航空大手のアシアナ航空と格安航空会社(LCC)大手のチェジュ航空は8日、目的地に着陸せずに日本上空を巡る遊覧飛行「国際観光飛行」を昨年12月12日から開始すると発表している。アシアナ航空は今年1月初旬まで、「空飛ぶホテル」と呼ばれる大型旅客機A380で九州地方を空から観光する商品「A380日帰り海外旅行」を発売した。

1月12日午後1時に仁川国際空港を出発し、午後4時20分に戻る日程で、韓国南部の大韓海峡を越えて日本上空を飛んだ後、済州上空を飛行する経路となる。 価格はビジネススイートクラスが40万ウォン(約3万8400円)、ビジネスクラスが35万ウォン、エコノミークラスが25万ウォン。搭乗客にはアメニティーキットが提供され、マイレージも積み立てられる。 機内では600ドル(約6万2400円)を上限に免税品の購入も可能だが、アシアナ航空のインターネット免税店で予約注文した商品のみとなる。

アシアナ航空は新型コロナウイルスの防疫指針を順守して非対面によるチェックインと自家用車や防疫タクシーの利用を勧める方針だ。機内食サービスは行わない。チェジュ航空は12日午前11時に仁川国際空港を出発し、福岡上空を旋回して韓国に戻る国際観光便を運航する。価格は19万8000ウォンで、同社のホームページとモバイルアプリケーションから購入できる。チェジュ航空は新世界免税店と提携し、利用時に最大4割引になるクーポンを提供するとした。免税品の購入はオンライン機内免税店で可能で、仁川空港の到着時免税店と機内免税店は利用できない。

関連記事

[ 2021年04月21日 07:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp