韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  航空便の運航停止に…在インド韓国人はパニック「ここで死ねということか」

航空便の運航停止に…在インド韓国人はパニック「ここで死ねということか」

インドが新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大で混乱している中、韓国政府が韓国-インド間不定期航空便の運航許可を停止するという便りが伝えられ、インド内韓国人社会内で不満の声が上がっている。26日在インド韓国大使館のホームページには「24日からインド発不定期便の運営許可を一時停止する」という内容の知らせが掲示された。

これで翌月に予定された帰国特別機6~7便を運航するかどうかが不透明だった。ただし、中央事故収拾本部は「内国人(韓国人)の移送目的で運航する場合、制限的に許容することができる」という立場だ。来月以降、帰国が難しい可能性が浮上すると在インド韓国人社会は「パニック」に陥った。在インド韓国人会のカン・ホボン会長は聯合ニュースとのインタビューで「毎日のように運航する定期便は一時的に停止することができるだろうが、政府がなぜ1カ月に数便にも及ばない特別機の運航を止めようとするのか理解できない」とし、「在インド韓国人はここで死ねということなのか」として怒りをぶつけた。

他の韓国人も「航空便の運航停止のことを聞いて家族が涙を流した」「国から捨てられたという考えで、在インド韓国人社会の恐怖感が言葉では言い表せないほど」と現場の状況を伝えた。26日(現地時間)ロイター通信によると、この日、インドの新規感染者数は35万2991人だ。一日死亡者数は2812人に達する。

スポンサードリンク
新規感染者が一日に30万人を上回っているため、病院の集中治療室は余る所がない。実際に、19日、ある韓国人が酸素呼吸器を備えた病床を探せず命を失う事態まで発生した。病床を探しても酸素呼吸器以外にはまともな治療を受けることも難しい状況だ。この日、在インド韓国大使館に報告されたことによると、在インド韓国人の累積感染者数は約100人台だ。韓国人が多く居住するニューデリーの付近でも最近アパート団地内で100人余りの集団感染が発生した。
https://japanese.joins.com/JArticle/278064?servcode=400§code=400

2021-04-27-k005.jpg

大韓航空が、4月28日(火)にムンバイ国際空港発ソウル仁川国際空港行きの臨時運航便を運航する予定だ。在ムンバイ韓国総領事館及び大韓航空から得た情報によれば、現時点の推定で、約100席が空席であり、帰国を希望する邦人に搭乗の可能性があるといている。予約については、大韓航空の予約サイトでのみの受付となっており、座席が無くなり次第終了となる。

臨時運航便を利用するには、仁川国際空港で乗り換え、成田空港に移動する。トランジットの場合、韓国政府による査証免除停止措置の影響は受けないが、いったん韓国に入国する場合は,ムンバイ出発前に韓国のビザを取得する必要があるとしている。

関連記事

[ 2021年04月27日 08:54 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp