韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  文在寅がまたも「自滅」…米中の顔色をうかがったら、韓国経済がメチャクチャになっていた

文在寅がまたも「自滅」…米中の顔色をうかがったら、韓国経済がメチャクチャになっていた

4月22日、韓国の現代自動車が1~3月期の決算を発表した。 前年同期比で増収増益が達成された。今回の同社決算の重要なポイントは、景気回復に支えられて中国市場での需要獲得が進んだことだ。 2017年以降、米軍の“地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)”配備を巡って、一時、中韓関係が冷え込み同社の中国販売台数は減少したのだが、ここへ来て中国での実績が好転したことは現代自動車にとって今回の業績回復は重要だ。

同社は、中国で現代自動車は高級ブランドのEV(電気自動車)モデルを投入し、相応の成果を上げている。 現在、同社は世界的な高級車メーカーとしての地位確立を考えているのだろう。 同社の高級車志向の背景には、わが国のトヨタ自動車が高級車ブランドである“レクサス”によって中国市場でのシェアを伸ばしていることに影響されているとみられる。 ただ、ブランド競争力の向上を目指す現代自動車の事業戦略が、今後、期待通りの成果を上げられるか否かについては見通しづらい。

特に、同社が注力するEV開発に関しては、基本的な生産技術と、バッテリーや半導体などのサプライチェーン・マネジメントの実力に不安がある。人口約5200万人の韓国経済にとって、自動車は主力の輸出品の一つだ。 現代自動車は経済成長に伴って消費の増加が期待できる中国市場などでの価格競争力の発揮を目指し、小型かつ低中価格帯の車種開発を重視した。

スポンサードリンク
リーマンショック後、中国共産党政権が4兆元(邦貨換算額で57兆円程度)の経済対策を発動したことが追い風となり、2016年頃まで、現代自動車の中国での販売台数は増加傾向にあった。 インド、ロシア、南米などの新興国・地域でも現代自動車は需要を獲得した。 その結果、世界の自動車市場で現代自動車は低中価格帯メーカーとしての競争ポジションを手に入れたといえる。 足許、現代自動車はそうしたブランドイメージを刷新すべく、高級車ブランドである“ジェネシス”を中国市場に投入し、シェア拡大に取り組んでいる。

それを象徴するのが、“上海国際モーターショー”にてG80のEVが発表されたことだ。 現代自動車によると、韓国以外の国で同社がジェネシスブランドの新モデルを初公開するのは今回が初めてだ。 その背景には、中国経済が世界最大の消費市場に成長したことがある。 それは世界の自動車メーカーの成長と、各国の経済運営に大きな影響を与える。 例えば、2020年末に様々な懸念が指摘されながらも EUが中国との“包括的投資協定”に大筋で合意した。 その背景には、自動車大手のフォルクスワーゲンの電動化への取り組みを支援するドイツの利害が強く影響した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c09c98fbde3f33442128689adc89beccf6399dd

2021-04-27-k001.jpg

現代自動車のEVの発火問題は根本解決に至っていない。昨年10月に続き、2月には世界で8.2万台のEVリコールが発表されたが、現代自動車のEVユーザーからは対応が遅いといった不満が出ている。根本的な問題は、同社とサプライヤーの基礎的な生産技術力の不足にある。と同時に、世界的に半導体不足が深刻な状況下、現代自動車は韓国国内の工場で主力車種の減産を余儀なくされている。

日本の自動車メーカーにも半導体不足の影響が押し寄せているが、現代自動車の減産ペースはそれよりも急に見える。その差は、日韓のモノづくりの現場力、および自動車メーカーのリスク管理体制に起因していると考えられる。さらに、文政権の政策のリスクもある。足許、文大統領は支持低迷を食い止めようと必死だ。 特に、経済面での対中重視姿勢は強まっている。

シニア世代などへの配慮から、外交面で北朝鮮を重視する姿勢も続いている。米国からは半導体生産に協力するようサムスン電子への要請が強まっている。米中の双方から良いところを得ようとするあまり、文氏の政策は行き詰まっている。

関連記事

[ 2021年04月28日 07:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp