韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  未分類 >  韓国の5大経済団体、サムスントップの赦免を政府に提言

韓国の5大経済団体、サムスントップの赦免を政府に提言

中国のニュースサイトの界面新聞は27日、韓国の5大経済団体が政府に対し、服役中の韓国サムスングループ経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏の赦免を提言したと報じた。李氏は、韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などに問われ、懲役2年6月の判決を受けて服役中だ。

界面新聞が韓国・聯合ニュースの報道として伝えたところによると、韓国経営者総協会は27日、大韓商工会議所や韓国貿易協会など5団体名義で、大統領府の所管部門に対し、李氏の赦免に関する建議書を提出したことを明らかにした。

建議書は、「新型コロナウイルス感染症により各国企業のデジタル化が加速し、半導体の重要性がさらに高まっている。韓国の半導体産業も新たな危機と試練に直面している。激しさを増す半導体産業の競争の中で、サムスン経営トップの不在は投資と決断の遅れを招き、これまで築き上げてきた優位性を一日にして失う可能性がある」と憂慮を示した。

スポンサードリンク
そして、「今はこれまで以上に政府と企業が手を握り、グローバル産業の主導権を握るために一緒に進まなければならない重要な時期だ。大企業トップが果たす役割はこれまで以上に重要となる。国家が企業の誤った行動を罰するのは当然だが、企業の本分は投資と雇用創出により国家経済の発展に貢献することにある。李氏が国民に献身できるよう政府は決断すべきだ」と強調した。
https://www.recordchina.co.jp/b875540-s25-c100-d0192.html

2014-01-07-sa.jpg

世界で半導体市場の競争が激化し、新型コロナウイルスのワクチン確保にも追われる中、韓国で財界を中心にサムスングループ経営トップ、李在鎔サムスン電子副会長の赦免を求める声が広がっている。李氏は朴槿恵前大統領らへの贈賄罪などに問われ、1月に差し戻し控訴審で懲役2年6カ月の実刑判決を受け、服役している。

韓国経営者総協会と大韓商工会議所、中小企業中央会、韓国貿易協会、韓国中堅企業連合会の5団体は来週中に李氏の赦免を要請する請願書を政府に正式に提出するとした。請願書は「経済が厳しく、世界の半導体市場の競争が激しくなる中、李副会長の不在が韓国経済に否定的な影響を与えている」として、文在寅大統領に赦免を求める内容が盛り込まれた。

李氏の赦免を求める声は宗教界などにも広がっている。韓国最大の仏教宗派、大韓仏教曹渓宗の25の教区の住職は、善処を求める嘆願書を文大統領と朴炳錫国会議長、丁世均(首相(当時)宛てに送った。嘆願書では「李副会長にもう一度チャンスを与えることを願う」と求めている。

関連記事

[ 2021年04月28日 08:21 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp