韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子が2倍速いサーバー用SSDを発売、第6世代Vナンドを初採用

三星電子が2倍速いサーバー用SSDを発売、第6世代Vナンドを初採用

三星(サムスン)電子は、第6世代Vナンドが初めて採用されたエンタープライズサーバー用ソリッドステートドライブ(SSD)を発売したと、27日明らかにした。この製品は、SAS(Serial Attached SCSI)-4標準を支援するのが特徴だ。SASとは、サーバーや大型コンピューター保存装置に使われる高速データ伝送インターフェースだ。SAS-4は、前作比で約2 倍向上した22.5Gbps(1秒当たりのギガビット)の速度を支援する。

三星電子は、同製品を800GB(ギガバイト)から最大30.72TB(テラバイト)まで顧客需要に合わせて多様な容量で発売する計画だ。SAS-3をはじめ、旧標準のインターフェースも併せて支援し、サーバー運営の柔軟性を高めた。

三星電子は企業型SSD市場で、昨年基準で36.5%の高いシェアを占めている。昨年下半期(7〜12月)は40%を上回るシェアを記録した。市場調査機関オムディアなどによると、2025年までサーバー向けSSD市場規模は260億ドル(約28兆9000億ウォン)に達しており、年平均成長率も8.7%に達するという。

スポンサードリンク
三星電子メモリー事業部のパク・グァンイル商品企画チーム長(専務)は、「三星電子は約10年間、企業、政府、金融機関などエンタープライズサーバー客から優れた性能と信頼性を認められてきた、持続的に成長する市場で差別化されたストレージソリューションとして顧客と協力していきたい」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2021-04-28-k001.jpg

Samsung Electronicsは、ハイパースケールデータセンター向けSSDの最新製品となる「PM9A3 E1.S」の量産を開始したことを発表した。PM9A3シリーズはOpen Compute Project(OCP)のNVMeクラウドSSD仕様に準拠したもので、同社の第6世代V-NANDで製造され、第5世代V-NANDベースの前世代品比でシーケンシャル書き込み速度は2倍となる3000MB/s、750K IOPSのランダム読み取り速度は同40%の高速化、160K IOPSのランダム書き込み速度は同150%の高速化をそれぞれ果たしたという。

また、電力効率についてもシーケンシャル書き込みで前世代比で約50%の向上となる283MB/s/wを達成しており、同社では2020年に発売されたサーバ向けHDDをすべて同製品(4TB品)に置き換えると、1484GWhの電力を節約できるようになると説明している。さらに、製品としても消費電力8.25WのM.2フォームファクターから35WのEDSFFフォームファクターまで、さまざまなフォームファクターとインタフェースに対応するラインアップを揃えたとしている。 さらに、ユーザーデータの暗号化や認証などの標準的なセキュリティ機能に加えて、堅牢なデータ保護を確保するためのセキュアブート機能やアンチロールバックメカニズムも備えているという。

関連記事

[ 2021年04月28日 08:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp