韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のGDPが予想をはるかに上回る成長

韓国のGDPが予想をはるかに上回る成長

2021年4月27日、韓国メディア・アジア経済によると、韓国の今年1~3月期の国内総生産(GDP)成長率が1.6%を記録したことについて、韓国政府は「経済回復が可視化された」と評価した。 記事によると、韓国政府は「今年1~3月期の成長率1.6%は国際機関やグローバル投資銀行の予想値である0%台後半~1%台を大きく上回る実績だ」と説明した。

韓国銀行は同日、今年1~3月期の実質GDP(速報値)が470兆8467億ウォン(約45兆9238億円)となり、前四半期比1.6%成長したと発表した。実質GDPは新型コロナウイルスの影響により昨年1~3月期と4~6月期に2四半期連続でマイナス成長を記録したが、その後は3四半期連続でプラス成長を維持している。 これにより今年1~3月期の成長率はコロナ以前の水準に回復した。2019年10~12月期の実質GDPは468兆8143億ウォンで、2020年10~12月期には463兆3950億ウォンにまで減少していたという。

韓国政府は「4月の韓国内の景気回復の動きなどを総合的に判断して、今年の韓国経済は当初の予想である3.2%を上回る成長をみせるとみられる」とし、「主要20カ国(G20)のうち今年中にGDPがコロナ以前の水準に回復すると予想されるのは8カ国のみで、先進国では米国、韓国、豪州だけ」とも強調したという。

スポンサードリンク
また、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官も同日、SNSに「輸出と内需の回復傾向などを総合的に判断すると、韓国経済は当初の予想値である3.2%を上回る3%台中後半の成長に向けて進んでいける」との考えを示したという。
https://www.recordchina.co.jp/b875544-s25-c20-d0191.html

2021-03-19-k006.jpg

韓国のGDPが予想をはるかに上回る成長という題名だが、現実を理解していない。まして成長と記載するレベルにはない。だが中央日報は、今年の3%台の経済成長率達成に青信号が灯った。新型コロナウイルスの衝撃で冷え込んだ消費と投資が回復する姿だと報じた。 韓国銀行は27日、1-3月期の実質国内総生産(GDP)が前四半期より速報値で1.6%増加したことを明らかにし、成長を牽引したのは回復した内需だと報じた。1-3月期経済成長率で内需の寄与度は1.8ポイントだった。昨年10-12月期のマイナス0.3ポイントより大きく改善したと伝えている。

内需が縮小する中で、半導体のみが実績を残したが、先行きは不透明だ。まして負債大国の韓国に成長は望めない。外資系企業は海外へ逃避し、自国内需は縮小が加速し、若者は海外へ逃げており、一時的にサムスンを含めた半導体経済が、成長したかのような形を作ったのは事実。だが韓国の経常収支と一時収支を見れば、先行きは無いという事に尽きる。負債だけが増加し、自国民は半導体企業へ投資し、かなり儲けた国民がいる一方で、借金してまでも投資する形に変わりはない。

まして政府は他国から借金する外交で国家予算を形成し、外国人投資家で国が維持されていることに変わりはない。

関連記事

[ 2021年04月29日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp