韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国企業の体感景気、過去10年で最高

韓国企業の体感景気、過去10年で最高

輸出好調と消費心理の回復で4月の韓国企業による体感景気が9年10カ月ぶりに最も良好な水準となった。韓国銀行は29日、4月の企業景況感指数(BSI)を88と発表した。3カ月連続の上昇で、2011年6月(88)以来で最も高かった。今年第1四半期(1-3月)の経済成長率が1.6%(前期比)となり、市場予想を大きく上回ったことなどが影響を与えたとみられる。

BSIは企業が現在の経営状況と将来見通しをどうとらえているかを示す数値だ。基準値の100を上回れば業況が楽観する企業が悲観する企業よりも多いことを示し、100を下回ればその逆を示す。 業種別では製造業が前月に比べ7ポイント上昇し、非製造業(5ポイント上昇)よりも業況が良好だったことが分かった。韓銀のキム・デジン企業統計チーム長によると、製造業は電子・映像・通信設備(7ポイント上昇)、化学物質・製品(13ポイント上昇)などを中心に指数が上昇したという。

企業の規模別では大企業が8ポイント上昇の107、中小企業が5ポイント上昇の83となり、温度差が見られた。輸出企業は12ポイント上昇の109で、内需企業は3ポイント上昇の88にとどまった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/30/2021043080009.html

スポンサードリンク
昨年、韓国企業の体感景気が過去最悪水準に落ちた。新型コロナウイルスがパンデミック段階に入り内需と輸出がともに振るわなかった影響で、大企業と中小企業に関係なく売り上げが減り、資金事情が悪化した。新型コロナウイルスの終わりが見られないため見通しも暗いと伝えている。韓国銀行が昨年、4月の企業景況調査指数(BSI)を発表している。これによると、4月の全産業業況BSIは51で前月比3ポイント下落した。

2014-02-22-wa-1.jpg

過去最悪だった2008年12月と同じ数値だ。BSIは企業の体感景気を示す指標で、100を超えると業況が良いと答えた企業が、100より小さければ業況が悪いと答えた企業が多かったことを意味する。製造業業況BSIは52で前月比4ポイント下落した。やはり金融危機当時の水準だ。製造業業況BSIは2008年11月から2009年1月まで3カ月連続40ポイント台にとどまった。今年1月に76だった製造業業況BSIは2月が65、3月が56、4月が52と下落傾向だ。3月より下落幅は減ったが新型コロナウイルスの衝撃は相変わらずという意味と解釈できる。

3月と同じように製造業・非製造業、大企業・中小企業、輸出企業・内需企業に関係なく状況は深刻だ。売り上げと採算性、資金繰りのいずれも悲観的な回答が大きく増えた。企業規模別では大企業が6ポイント下落、企業形態別では輸出企業が8ポイント下落と下落幅が大きかった。中小企業・内需企業で始まった危機が大企業・輸出企業に拡大していく局面だ。ただ新型コロナウイルスの感染拡大傾向が落ち着いた国内状況を反映し内需企業の業況BSIは前月と同じ水準を維持した。

業種別では電機装備が12ポイント下落、自動車が10ポイント下落、電子・映像・通信装備が3ポイント下落など、下げ幅が大きかった。韓国銀行関係者は「半導体と通信装備関連電子部品輸出が振るわず、自動車部品輸出も鈍化した」と話した。非製造業も電気・ガス・蒸気が18ポイント下落、建設業が9ポイント下落したのを中心に業況BSIが50まで落ちた。 今年も半導体のみ好調と言いつつも、不透明な状態は変わらない。 負債企業に倒産の嵐となる企業景気は、決して良いとは言い難いが…。

関連記事

[ 2021年04月30日 07:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp