韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車G総帥が21年ぶり交代 モビリティー企業への転換加速

現代自動車G総帥が21年ぶり交代 モビリティー企業への転換加速

韓国公正取引委員会は29日、現代自動車グループの実質的な支配者である「総帥」を鄭夢九(チョン・モング)名誉会長から息子の鄭義宣(チョン・ウィソン)会長に変更した。夢九氏は就任から21年で総帥の座を退き、昨年から進められてきた体制移行が完了した。

夢九氏は昨年3月に現代自動車の取締役会議長を、同10月にグループ会長職をそれぞれ譲り、名誉会長となった。今年に入ってからはグループ傘下の自動車部品メーカー、現代モービスの登記簿上の取締役からも退き、グループの経営から完全に手を引いた。 義宣氏への総帥変更は、夢九氏がグループ内の役職から全て退き、現代自動車と現代モービスの議決権行使を義宣氏に包括委任したことを受けて決まった。 また、公取委は夢九氏の健康状態からみて経営に復帰する可能性は高くないと判断した。

グループ内部では、既に昨年から義宣氏が主導する新事業の推進と安定的な経営権承継が行われていたため、公取委による総帥の指定は象徴的な意味として受け止められている。 義宣氏は対外的にも総帥として認められていることから、現代自動車グループは伝統的な自動車メーカーの枠から脱し、自動運転車、都市型航空交通システム(UAM)、ロボット事業、燃料電池車(FCV)など車を中心としたモビリティー企業への転換をさらに進めるとみられる。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/04/29/2021042980190.html

スポンサードリンク
韓国の現代自動車は14日、経営トップの会長職に創業家3代目の鄭義宣氏が就任したと発表した。トップ交代は20年ぶりで、父親の鄭夢九氏からバトンを受けた。自動車産業が大きな転換点を迎える今、40代会長の指揮の下、出遅れた次世代自動車への対応を急ぐ。病気療養中の夢九氏はかねて長男である義宣氏に会長職を譲る意向を示していた。2018年9月に「首席副会長」というポストを新設して経営を託しており、今回、名実ともにグループ経営を禅譲することになった。

2021-04-30-k003_20210430080555b45.jpg

この2年間の現代自の経営を総括すると、「従来路線の修正」だった。現代自は夢九氏の強烈なリーダーシップのもと2000年代に拡大路線をひた走った。競合の売れ筋モデルをいち早く模倣して拡販する「ファストフォロワー戦略」で米欧市場で躍進。「日本車キラー」と恐れられ、10年代には自動車世界5位グループに躍り出た。ただ、素早くコピーすれば成長できた時代は終わり、長いトップダウン経営で現場発の創意工夫も乏しくなっていた。義宣氏は「強力なリーダーに一糸乱れず従うのではなく、社員の創造的なアイデアを育む」と話し、人事評価や組織のあり方を抜本的に見直した。

義宣氏は「急速な変化に対応するために外部の技術を幅広く受け入れる」と明言し、過度な自前主義にもメスを入れたが、品質問題となる組織と人材或いは製造技術と工場管理と言う部分で、日本人が助けてきた組織は失われ、自力で対応するのは無理。どういう手段を実施するのかが問われる。

関連記事

[ 2021年04月30日 08:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp