韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKイノと起亜、「バッテリーリサイクル技術基盤を確保」

SKイノと起亜、「バッテリーリサイクル技術基盤を確保」

SKイノベーションは、起亜(キア)とともに29日、「電気自動車バッテリーのエコ処理が可能な技術基盤を確保した」と明らかにした。両社が昨年3月に、電気自動車バッテリー産業生態系の構築に向けた業務協約(MOU)を交わしてから、約1年ぶりのことだ。

1年間あまり、両社は使用済みバッテリーのリサイクル実証事業を進め、バッテリー内の金属の再使用の可能性や効果などについて評価した。起亜は、残存性能が優秀な使用済みバッテリーをエネルギー貯蔵装置(ESS)で再利用し、SKイノベーションは性能が落ちるバッテリーを分解してニッケル、コバルトなどの金属資源を回収して再利用するやり方だ。 SKイノベーションと起亜は今後も、使用済みバッテリーのエコ的処理のための多様な管理システムを作り、ESG(環境、社会、支配構造)経営拡大の一つの案として推進する計画だ。

SKイノベーションのキム・チョルジュン戦略本部長は、「使用済みバッテリーのリサイクルは、温室効果ガスの発生など環境的負担を減らすことができる、今回の協業を基に使用済みバッテリーの活用体系がグローバルに拡大されるよう貢献したい」と明らかにした。權赫浩(クォン・ヒョクホ)起亜国内事業本部長も、「両社はメーカーの社会的責任と持続可能経営を強化したい」とし、「今年下半期(7〜12月)に発売予定の起亜初の専用電気車EV6にもこのプロセスを採用して、エコモビリティブランドとしての存在感を強化したい」と明らかにした。
https://www.donga.com/jp/

スポンサードリンク
起亜とSKイノベーションが電気車(EV)バッテリーの循環経済に向け、本格始動をかけた。使用済みバッテリーの再利用、またはリサイクルを通じたEV高電圧バッテリーの原料好循環と炭素削減が目的だ。起亜とSKイノベーションは使用済みバッテリーでリチウムを含む金属を回収し、電気車バッテリーのエコ的処理が可能な産業生態系の造成可能性及び技術基盤を確保したと29日、明らかにした。

2021-05-01-k001.jpg

両社は昨年3月、ESG(環境・社会・支配構造)経営強化の一環として電気車バッテリー産業生態系の構築に向けた業務協約を締結した。以来、この1年間、使用済みバッテリーのリサイクル実証事業を進め、バッテリー内の金属回収可能性と効果・効率性などを評価した。 起亜は現代自グループレベルのバッテリー性能評価システムで、使用済みバッテリーを評価し、残存性能が優れたバッテリーはモジュールまたはパック単位に分け、エネルギー貯蔵装置(ESS)として再利用する。

残存性能が低い場合、起亜はバッテリーをセル単位に分解し、SKイノベーションが独自の技術でリチウム・ニッケル・コバルトなど陽極材用の金属資源を回収し、電気車バッテリーリサイクルに活用するという。

関連記事

[ 2021年05月01日 08:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp