韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国、ファイザーに続きアストラゼネカ製も微妙な状況に…ワクチン初回接種全面中断の危機

韓国、ファイザーに続きアストラゼネカ製も微妙な状況に…ワクチン初回接種全面中断の危機

韓国政府が新型コロナウイルスワクチンの「4月300万人接種」目標を立てながらファイザー製ワクチンの1回目の接種が中断されたのに続き、アストラゼネカ製ワクチンにも同様の事態が起きかねないとの懸念が提起されている。

高麗(コリョ)大学九老(クロ)病院感染内科のキム・ウジュ教授はファイザー製ワクチンの1回目の接種中断と関連し、「政府が1回目の接種率を増やすため急場しのぎに2回目分のワクチンを前倒しで使ったために起きたこと。結局ワクチンを調達できていないことが一波万波に影響を与えている」と指摘した。韓国政府はこれと関連し「1回目の接種に集中する時期と2回目の接種が増える時期が繰り返し現れて発生する現象であり、ファイザー製ワクチンが底をついたという主張は事実でない」と説明した。

新型コロナウイルス予防接種対応推進団が2日に明らかにしたところによると、この日午前0時基準で1回目の接種者は累積339万5104人だ。これに先立ち政府は4月末まで300万人に1回目の接種を完了するとし、先月29日に接種開始から62日で目標を達成した。200万人から300万人を超えるまでは1週間かかった。一部自治体では予約を前倒しし1日14万人の割合で接種した。専門家らはこうした無理な進行により問題が生じ始めたとみている。

スポンサードリンク
ファイザー製ワクチンの場合、211万7000回分を調達し、2日午前0時基準で180万1867回分を使い31万5133回分が残っている。ファイザーは1回目の接種から3週間後に2回目を打つ。周期が短いため在庫不足が生じた。2日までに156万5865人が1回目の接種を、23万6002人が2回目の接種をした。132万人が2回目の接種をしなければならないが現在の在庫ではまかなえない。1回目の新規接種を中断した理由だ。75歳以上の高齢層の200万人以上はまだ1回目の接種もできていない。

アストラゼネカ製ワクチンも微妙な状況だ。これまで200万6000回分が到着した。2日午前0時基準で182万9239人が1回目の接種をし、17万6761回分が残っている。最小残余型注射器(LDS)を使って20%多く打つと仮定しても20万回分程度が残る。これで療養病院・施設入所者と従事者、医療機関従事者、社会必須人材にかろうじて1回目の接種ができる。
https://japanese.joins.com/JArticle/278267?servcode=400§code=400

2021-05-03-k001.jpg

デンマーク政府は14日、英オックスフォード大学/アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの使用を完全に中止すると発表した。まれに起きる血栓症を懸念したためで、ヨーロッパでは初めての全面使用中止となった。これにより、デンマークのワクチン接種事業に数週間の遅れが出るとみられている。

欧州医薬品庁(EMA)は先週、このワクチンと血栓が関連している可能性があると発表。しかし、血栓リスクよりもCOVID-19での死亡リスクの方が大きいとしている。ヨーロッパでは3月、いくつかの国がアストラゼネカ製ワクチンの使用を一時停止した。

一方で、米政府は26日、新型コロナウイルスの英アストラゼネカ製ワクチンを最大6000万回分、他国に提供する計画を発表している。米食品医薬品局(FDA)による品質などの検証を待ってから、今後数週間以内にワクチン約1000万回分を他国に送る。さらに、現在製造過程にある5000万回分を向こう数カ月間で輸出する予定だ。

関連記事

[ 2021年05月03日 08:57 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp