韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国製造業の競争力指数、初めて日本を抜き世界3位に

韓国製造業の競争力指数、初めて日本を抜き世界3位に

韓国の製造業の競争力指数が、初めて日本や米国を抜き世界3位になったことが分かった。5日、韓国・釜山日報社が伝えた。韓国の産業研究院は5日、「韓国の製造業の競争力、コロナ禍における経済危機の支柱に」と題した報告書を発表。「2020年に全世界が金融危機以来最悪の成長率(-3.3%)を記録した中で、韓国経済は製造業の高い競争力が支えとなり-1.0%にとどまった」と分析した。

報告書は、国連工業開発機構(UNIDO)が2018年の指標を基準に2020年7月に発表した工業競争力指数(CIP)のデータを引用。2年ごとに公表されているCIPは、製造業の1人当たりの付加価値額、輸出額など8つの項目をもとに算出した指数で、その国の製造業の競争力を示すとされる。今回のデータによると、韓国は152カ国のうち、ドイツ、中国に次いで3位だった。

報告書は、「韓国経済はG7(先進7カ国)の平均値と比較し、2020年度の成長率の減少幅は39%、失業率の増加幅は15%にとどまった」と分析。「韓国は主要28カ国の中で製造業の割合が2番目に高いが、成長率の減少幅は4番目に低く、失業率の増加幅も6番目に低かった」とした。また、韓国の輸出増減率が2020年4月に最低値の-25.6%を記録した後、すぐにV字回復を見せたことも、製造業の高い競争力が支えとなったと分析しているという。
https://www.recordchina.co.jp/b875954-s25-c20-d0201.html

スポンサードリンク
韓国製造業の競争力は、ドイツや中国に次いで世界3位の水準であることが分かった。昨年、全世界がコロナ禍で最悪の経済危機に見舞われた中でも韓国経済は製造業が支え、成長率の下落を抑えたとの分析だ。産業研究院が発表した‘韓国の製造業競争力、コロナ経済危機を支える」の報告書によると、国連産業開発機構(UNIDO)が2018年指標を基準に分析し、昨年7月に発表した世界製造業競争力指数(CIP)で、韓国の製造業競争力はドイツ、中国に続いて世界3位を記録した。UNIDOが隔年で発表するCIPは、1人当たりの製造業付加価値、製造業輸出額など、8項目を評価した指数で、国別の総体的な製造業競争力を示している。

2015-04-18-wa-1.jpg

報告書は、昨年の各国の経済成果が製造業の発達程度に分かれる傾向を見せたと分析し、強い製造業を基盤に韓国経済は昨年の成長率の減少幅と失業率の増加程度は、それぞれG7国家平均の39%、15%水準に過ぎなかったと説明した。昨年、世界経済成長率はマイナス3.3%を記録したが、韓国はマイナス1.0%に止まった。 報告書によると、製造業の成長寄与度は昨年第2四半期(4~6月)マイナス1.6%ポイントに急落したが、第3四半期(7~9月)マイナス0.2%ポイント、第4四半期(10~12月)0%ポイントを記録した。昨年第3四半期マイナス0.8%ポイント、第4四半期マイナス1.0%ポイントを示したサービス業の成長貢献度を2四半期連続で上回っている。

特に業種別の貢献度を見ると、半導体、ディスプレー、石油化学などの主力産業が輸出を主導していることがわかった。これは韓国経済が危機局面で輸出回復力の高い産業構造を有しているという分析だ。 もっともコロナ感染で世界経済低迷の中での話でしかない。韓国経済の仕組みを知れば、喜んではいられないだろう。

関連記事

[ 2021年05月07日 10:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp