韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「投機的格付け」195社…崖っぷち韓国企業が過去10年で最多に

「投機的格付け」195社…崖っぷち韓国企業が過去10年で最多に

キムチ冷蔵庫で韓国国内シェア首位のウィニアディムチェは昨年12月、信用格付けが投資適格の最低ラインである「トリプルBマイナス」から投機的格付けの「ダブルBプラス」に低下した。同社の社債が不履行となる可能性があるという意味だ。

格付け見通しも「ネガティブ(弱含み)」と評価された。1-2年以内に格付けがさらに低下する可能性があるという警告だ。系列会社のウィニア電子が45億ウォン(約4億3800万円)の赤字を出し、ウィニアディムチェの債務負担が増大しかねない点が反映された。同業大手のLG電子が昨年、過去最高益を記録したのとは対照的だ。

韓国金融監督院が6日発表した「2020年信用評価実績分析」によると、昨年信用格付けが付与される1240社のうち格付けが低下した企業は66社で、前年よりも12社増えた。格付けが上昇した企業は34社で前年より3社減った。今後1-2年に格付けが低下する可能性が高い企業は155社で、前年の78社の2倍に達した。投機的格付けの企業の割合は世界的な金融危機以降の10年間で最高を記録した。

スポンサードリンク
信用格付けが据え置かれた企業の割合は91.6%で、前年に比べ2.9ポイント増えた。昨年の新型コロナウイルス流行にもかかわらず、信用格付けが低下したか、不渡りを出した企業は少なかったと言える。投機的格付けに分類される企業の数は1045社で年初(1012社)に比べ33社(3.3%)増えた。 韓国信用評価のユ・ゴン企業評価本部長は「コロナ大流行初期には徹底した封鎖措置で経済活動が全般的に萎縮した。しかし、非接触技術の発展と防疫政策、拡張的財政・通貨政策で下半期には全世界的に製造業の景気が回復を示した」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/07/2021050780004.html

2021-05-08-k003.jpg

産業別で景気回復のペースにばらつきがある「K字型回復」で内需関連業種の信用格付けが低下したケースが多く、映画館チェーンCJ CGVの信用格付けは「シングルA」から「シングルAマイナス」に下方修正され、格付け見通しも「安定的」から「ネガティブ」に引き下げられた。

信用格付け対象1240社のうち、投機的格付けを受けた企業は195社(15.7%)に達した。世界的な金融危機直後の2010年(16.7%)以降で最高だ。投機的格付けになれば、金融機関が融資を拒んだり、高い金利を適用することになる。超低金利環境でどうにか持ちこたえてきた企業は金利上昇で経営が行き詰まりかねない。

投機的格付けとは、信用リスクが高く、機関投資家の投資基準を満たしていない格付けのこと。 一般的には、格付け会社から付与されるダブルB格(S&P、フィッチ、JCR、R&IならBB、ムーディーズならBa)以下の格付けを指します。 「投資不適格」と呼ぶ場合もある。

関連記事

[ 2021年05月08日 08:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp