韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、半導体好況で装備輸入急増…資本財の海外依存度40%超える

韓国、半導体好況で装備輸入急増…資本財の海外依存度40%超える

韓国市場に供給される製造業製品のうち外国製が占める割合が1-3月期に28.5%と集計され過去最高を記録した。特に企業が工場を増設するなど設備投資を増やす際に必要な資本財の海外依存度は初めて40%を超えた。半導体市場好況で半導体設備投資需要が増えたが、生産に必要な主要装備はほとんどが外国製に依存しているためだ。激化している半導体覇権戦争で生き残るためには核心装備の国産化が急務との指摘が出る。

統計庁が10日に発表した「2021年1-3月期製造業国内供給動向」によると、1-3月期の製造業国内供給は前年同期比3.3%増加した。国産は0.1%減ったが輸入が12.5%増えた結果だ。これに伴い、製造業国内供給のうち輸入が占める割合は前年同期比1.6ポイント上昇した28.5%と集計された。輸入の割合が四半期基準で28.5%を記録したのは統計庁が関連統計を集計し始めた2010年以降で初めてだ。 統計庁は製造業の輸入依存度が高まった原因として半導体関連設備投資の増加を挙げた。統計庁のピン・ヒョンジュン産業動向課長は「半導体装備は大きくウエハー加工装備、半導体検査装備、半導体組み立て装備、その他半導体装備の4項目に分かれる。半導体設備需要が増加し4項目すべて前年同期比で輸入が増えた」と話した。

半導体装備の輸入が増加し資本財の輸入依存度は昨年1-3月期より8.8ポイント増えた40.1%を記録した。2010年に関連統計を集計し始めてから最も高い数値だ。統計庁は製造業財貨を大きく最終財と中間財に分類するが、最終財はさらに消費財と資本財に分かれる。中間財の輸入の割合は25.8%で前年同期比0.2ポイント減少したが、資本財は8.8ポイント、消費財は1.5ポイント増え、製造業全体の輸入依存度上昇につながった。

スポンサードリンク
業界では半導体など核心産業の生産装備を国産化しなければ製造業の海外依存度がさらに高まるとみている。特に半導体は核心生産装備のほとんどを海外企業に依存している状況だ。産業研究院によると半導体装備分野はアプライド・マテリアルズ、ラムリサーチ、ASML、東京エレクトロンの海外企業4社が2019年基準で世界市場の60%を掌握している。 韓国半導体産業協会のアン・ギヒョン専務は、「世界の半導体装備市場で韓国企業のシェアは20%前後にすぎないものと推定される。最先端装備を生産できる技術力を育てるために半導体装備企業に果敢な税制・金融支援をする一方、人材養成にも努力しなければならない」と強調した。
https://japanese.joins.com/JArticle/278523?servcode=300§code=300

2021-05-11-k005.jpg

韓国銀行によると3月、韓国の輸入数量指数が前年同期比11.0%増の128.50を記録した。統計を開始した1988年1月以降、最大となるほか、昨年9月から7か月連続で上昇を続けている。輸入数量指数を構成する石炭および石油製品は4.8%減少したが、コンピュータ・電子および光学機器(14.7%増)、機械および装備(20.7%)などが大幅に増加し、輸入数量指数増加を後押しした。輸入金額指数も138.56と過去最大を記録した。前年同期比19.0%と急増したほか、4か月連続で上昇を続けている。コンピュータ・電子および光学機器(17.0%増)、第一次金属製品(35.2%増)などがけん引した。

韓国銀行は「昨年、新型コロナウイルスの拡大で交易量が減り、世界的に景気が停滞して輸入も減少したが、ここに来て景気が急速に回復しており、輸入数量指数と輸入価格指数が大幅に上昇した」と分析している。 一方、3月の輸出数量指数は前年同期比3.5%増の126.27だった。126.96を記録した昨年12月以降、3か月ぶりの最高値となる。また輸出金額指数は前年同期比15.0%減の126.93で、131.38だった2018年以降、2年5か月ぶりに最高となった。化学製品(32.7%増)、コンピュータ・電子および光学機器(8.1%増)の好調が影響した。

韓国の主力製品である半導体は、輸出数量指数と輸出金額指数が、それぞれ11.2%、7.1%上昇した。また純商品交易条件指数は3月、前年同期比3.6%増の93.22を記録した。 また中国も日本から半導体製造装置を大量に購入している。ハイテク分野の覇権争いで米国が半導体の対中輸出規制を強化していることに対応したものとみられる。中国企業が2020年に日本や韓国、台湾などから購入した半導体製造装置は前年比約20%増の約320億ドル(約3兆3600億円)に達した。 また、華為技術(ファーウェイ)など複数企業が米国の制裁発動前に半導体を駆け込み購入し、在庫を増やしたことから、20年の半導体輸入は約14%増の3800億ドルとなり、中国の全輸入に占める比率は約18%に上った。

関連記事

[ 2021年05月11日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp