韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、業界初「CXL基盤」DRAM技術を開発

三星電子、業界初「CXL基盤」DRAM技術を開発

世界のメモリー半導体市場を主導する三星(サムスン)電子が、従来のDラムモジュールの物理的限界を克服する次世代技術を開発した。三星電子は11日、業界で初めて次世代インターフェース「コンピューター・エクスプレス・リンク(CXL)」基盤のDラムメモリー技術を開発したと発表した。

新たに開発したCXL・Dラム技術は、従来のデータセンターの性能を画期的に改善できるようにしたのが特徴だ。三星電子側は、「CXLは、高性能コンピューティングシステムで中央処理装置(CPU)と一緒に使われるメモリー、保存装置などをより効率的に活用するために新たに提案されたインターフェースだ」とし、「これにより、既存のコンピューティングシステムのメモリー容量の物理的限界を克服し、DRAMの容量を画期的に拡張できる」と明らかにした。

実際、最近、人工知能(AI)、マシンラーニング、ビッグデータなどを活用する事業分野が大きく増え、処理しなければならないデータの量が爆発的に増加している。しかし、現在のデータセンターやサーバープラットフォームで使われる従来の技術では、Dラム保存容量に限界があり、これを克服できる新たな代案が地道に求められてきた。 三星電子は、今回開発したCXL基盤のDラムメモリーを、インテルのプラットフォームで検証を終えたと明らかにした。次世代データセンターが求める大容量Dラムソリューション基盤の技術を確保したという意味だ。三星電子は、グローバル主要データセンターやクラウドメーカー各社との協力を拡大していく計画だ。

スポンサードリンク
三星電子メモリー事業部商品企画チームのパク・チョルミン常務は、「CXL・Dラム技術は、次世代コンピューティング、大容量データセンター、AIなどの未来先端分野で重要なメモリーソリューションの役割を果たすだろう」とし、「スマートデータセンターが要求する次世代技術を先導し、CXL生態系が早く拡張されるようグローバル企業との協力を強化していきたい」と明らかにした。
https://www.donga.com/jp/

2014-01-26-intel.jpg

CPUとメモリ間の接続を高速化する要素として、相互接続プロトコル「Computer Express Link」(CXL)のような新しい技術が登場している。CXLはもともとIntelが開発した相互接続プロトコルだ。同社は自身が中心になり立ち上げた業界団体「CXL Consortium」に権限を委譲することでCXLをオープン化し、複数の企業が開発に携わるようになった。CXLによって相互接続の技術が開発しやすくなり、3D XPoint製品の採用は2023年ごろに急激に伸びる可能性がある。

記事では、新たに開発したCXL・Dラム技術は、従来のデータセンターの性能を画期的に改善できるようにしたのが特徴だ。三星電子側は、「CXLは、高性能コンピューティングシステムで中央処理装置(CPU)と一緒に使われるメモリー、保存装置などをより効率的に活用するために新たに提案されたインターフェースだ」としているが、元はIntel開発となる。

関連記事

[ 2021年05月12日 08:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp