韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「強制徴用」日本製鉄の差し押さえ資産鑑定…韓国裁判所、現金化手続きに着手

「強制徴用」日本製鉄の差し押さえ資産鑑定…韓国裁判所、現金化手続きに着手

韓国の裁判所が、日帝時代の強制徴用加害企業、日本製鉄(旧・新日鉄住金)の韓国内の資産を現金化するための手続きに入った。 大邱地裁が13日に明らかにしたところによると、大邱地裁浦項支部は今年初め、日本製鉄が韓国内で保有するPNR(日本製鉄とポスコの合弁リサイクル会社)株式の売却命令を前に、鑑定に着手した。

鑑定人は今年1月15日、鑑定書を浦項支部に提出した。 法曹界は、鑑定書が提出されたことで、売却対象の株式に対する鑑定手続きが最終段階に入ったものと予想している。しかし、株式の売却命令を出す時期は決まっていないという。 債務者側(日本製鉄)の法定代理人は、鑑定書の提出後2度にわたり、裁判所に意見書を提出した。内容は明らかになっていない。 これに先立ち強制徴用の被害者らは、日本製鉄を相手取って損害賠償請求訴訟を起こし、2018年10月に大法院(最高裁判所に相当)の全員合議体が「新日鉄住金(日本製鉄)は被害者に対し、1人当たり1億ウォン(約970万円)を賠償せよ」という確定判決を下した。

その後、日本製鉄が賠償に応じなかったことから、大邱地裁浦項支部は19年1月3日、強制動員被害者の弁護人団が申し立てた同社の韓国内資産であるPNR株式8万1075株(額面価格5000ウォン基準で4億537万5000ウォン=約3900万円)に対する差し押さえ申請を承認し、同月9日にPNRに差し押さえ命令を送達した。 これにより、日本製鉄は該当の資産を処分できなくなった。 大邱地裁浦項支部は19年、日本製鉄に対する資産差し押さえ命令の送達手続きを開始した。

スポンサードリンク
しかし日本の外務省が海外送達要請書を受領したにもかかわらず、何ら説明のないまま関連書類を何度も返送してきたため、昨年6月1日にPNRに対する差し押さえ命令決定の公示送達を決めた。 強制動員の被害者とその遺族らが申請したPNR株差し押さえ命令の公示送達の効力は、昨年8月4日0時に発生した。さらに、PNR株式の売却命令に対する審問書の公示送達効力も同月9日0時に発生し、裁判所が売却命令の執行手続きを開始できる状態になった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/13/2021051380226.html

2015-07-18-wa.jpg

韓国大法院(最高裁)が日本製鉄(旧新日鉄住金)に日本による植民地時代の強制徴用被害者への賠償を命じた判決を巡り、裁判所が韓国内にある同社の差し押さえ資産の鑑定を行った。大邱地裁によると、同地裁の浦項支部は今年初め、日本製鉄が持つ韓国鉄鋼最大手ポスコとの合弁リサイクル会社「PNR」の株式の売却命令に向け、鑑定を行った。鑑定人は1月15日に鑑定書を同支部に提出した。 法曹界は、鑑定書の提出により売却対象の株式に対する鑑定手続きが最終段階に入ったとみている。ただ、株式の売却命令を出す時期はまだ決まっていないという。

一方日本政府は、日韓の請求権問題は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」しているとし、文在寅大統領率いる韓国側の対応は、国と国との信頼関係を破壊する行為であり、「資産現金化=日韓関係終了=報復実行」という流れとなるだろう。 具体的な報復策としては、「関税引き上げ」や「送金停止」「ビザ発給停止」など、既に多数案が確立している。このことが韓国崩壊を加速する事になる。

関連記事

[ 2021年05月14日 08:38 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp