韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン「システム半導体に171兆ウォン投資」 ハイニックス「ファウンドリー2倍に」

サムスン「システム半導体に171兆ウォン投資」 ハイニックス「ファウンドリー2倍に」

サムスン電子が2019年以来2年ぶりに38兆ウォン(約3兆6900億円)規模の新規投資計画を出し、「システム半導体投資ラッシュ」に入った。台湾TSMCや米国インテルなどライバル企業が今年だけで1500億ドル(約170兆ウォン)を投資する案を発表したが、サムスン電子は「沈黙」していた。メモリー世界2位のSKハイニックスはファウンドリー(委託生産)分野でのM&A(企業の合併・買収)を示唆した。

サムスン電子は13日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席した中、京畿道平沢(ピョンテク)サムスン電子平沢第3ラインで開かれた「K半導体戦略報告」の直後、「2030年までに171兆ウォンを投資してシステム半導体で世界1位になる」と明らかにした。今回の投資規模は2019年4月の「システム半導体2030」ビジョンで発表した133兆ウォンより38兆ウォン(28.6%)増えた。サムスン電子側は「先端ファウンドリー工程開発と生産ライン建設に拍車を加える」と説明した。

平沢第3ラインはクリーンルーム規模がサッカー場25個分で、単一規模では世界最大の半導体生産ライン。計30兆ウォンを投資し、来年下半期に完工する予定だ。この工場では極端紫外線(EUV)技術が適用された14ナノDRAMと5ナノロジック製品を主に量産する予定だ。文大統領が建設中の現場を訪問したことに関連し、業界では「平沢第3ラインが『未来半導体生産基地』という象徴性のため」と解釈した。

スポンサードリンク
今年、世界の自動車・電子・医療・軍需産業などの業界は半導体不足に苦しんでいる。バイデン米大統領はサムスン電子などを呼んで対米投資圧力を加えた。TSMCは1390億ドル、インテルは206億ドルの投資を宣言した。
https://japanese.joins.com/JArticle/278677?servcode=300§code=320

2012-10-06-samsung.jpg

韓国のサムスン電子は13日、ファウンドリー(半導体受託生産)を含むシステムLSI(大規模集積回路)分野に2030年までに171兆ウォン(約16兆6000億円)を投資し、受託生産工程の研究開発(R&D)や設備投資を加速させると発表した。19年4月に発表した30年までの投資額(133兆ウォン)を38兆ウォン増額した。半導体メモリーで世界1位の同社が、非メモリーのシステムLSI分野でも世界トップを目指す。

サムスン電子はこの2年間、半導体の製造企業やファブレス(工場を持たない半導体設計会社)、半導体の素材や部品企業などとの協力を活性化したと評価されているが、受託生産で世界トップの台湾積体電路製造(TSMC)との開きは依然大きい。台湾の調査会社トレンドフォースによると、昨年の受託生産の世界シェアはTSMCが54%で圧倒的1位となり、2位のサムスン電子は17%でTSMCの3分の1にも満たなかった。TSMCは攻撃的な投資に動き、サムスン電子の追い上げをかわす構えをみせている。

最近では米インテルまでもが受託生産への投資拡大を宣言しており、世界の受託生産市場の競争が加速している。 

関連記事

[ 2021年05月15日 09:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
おなじみの
「サムスン ファンドリー」、というのは毎年の
おなじみなニュースでした。

2020年6月26日
サムスンの挑戦状、打倒TSMCへ「10年の計」

2019年12月23日
韓国サムスン、ファウンドリー事業強化へ-TSMC追撃

2018/09/05
Samsungが注力するファウンドリビジネス - 7nmはEUV

2017-07-11
サムスン電子、ファウンドリ受注に乗り出す
[ 2021/05/15 14:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp