韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン協力会社で集団感染、ベトナム工場稼働中断

サムスン協力会社で集団感染、ベトナム工場稼働中断

12日付の聯合ニュースによると、ベトナム北部バクザン省にあるサムスン電子の韓国系協力会社で、集団感染が発生した。 12日付の聯合ニュースによると、ベトナム北部バクザン省にあるサムスン電子の韓国系協力会社で、集団感染が発生した。

サムスン電子にスマートフォン部品を供給するバクザン省所在の韓国系メーカーで、9日から12日までに約40人の感染が確認された。同社工場のスタッフが8日、北部ハノイ市にある熱帯病中央病院発の感染者と接触したことで、次の日から社内感染が広がったという。同社は現在、工場の稼働を中断している状態だ。 一方、11日に社員2人の感染が分かったサムスン電子バクニン工場によると、感染者のうち1人は4月26日から北部ハイズオン省で、もう1人は29日から北部バクニン省で、それぞれ休暇を過ごしていた。その後の検査で陽性であることが確認されたという。

同工場では感染者発生後、感染者と同じ生産ラインで働く1,130人のスタッフに対するPCR検査を実施した。全員が陰性判定となったことから、工場は現在、正常に稼働している。サムスン電子は現在、バクニン省当局と今後の対応について協議している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/522041b819fce3051d97738522048604c7380b4d

スポンサードリンク
韓国コロナ感染拡大を受けて、サムスンは亀尾事業所で生産していたGalaxy S20シリーズをはじめとするプレミアムスマホ複数機種の生産の一部をベトナムの工場に移管することを昨年3月6日に韓国を中心とした世界各地の複数のメディアが報じている。移管されるスマホの生産数量は当面の間、亀尾事業所の生産能力の約10%に相当する月産20万台としており、サムスンの関係者筋は、生産移管は一時的な措置で、事態が鎮静化すれば元に戻す予定としていた。

2021-05-17-k005.jpg

スマホ生産の移管先とされるベトナムだが、昨年から韓国からの入国者を厳しく規制する対応を行っている。そのため、サムスンはベトナムに2つの生産拠点を有しているが、技術者の支援などが得られないため、生産移管がスムーズに実施できるかどうかは不透明な点が多いとしていた。同工場では感染者発生後、感染者と同じ生産ラインで働く1,130人のスタッフに対するPCR検査を実施した。全員が陰性判定となったことから、工場は現在、正常に稼働しているというが、依然として予断は許されない状況にある。

関連記事

[ 2021年05月17日 08:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp