韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星がDラム電力管理半導体を初公開、「電子機器の心臓」

三星がDラム電力管理半導体を初公開、「電子機器の心臓」

三星(サムスン)電子が18日、「電子機器の心臓」ともいえる電力管理半導体(PMIC)の新製品を公開した。Dラム用PMICで、三星電子がこれを作ったのは今回が初めてだ。2030年をめどに世界システム半導体市場でトップにつくという目標で投資を続けている三星電子は、同製品を皮切りにシステム半導体のラインナップを本格的に拡大する計画だ。

同日、三星電子が公開したPMICは、最新のDDR5Dラムモジュールに搭載される製品だ。PMICは、電子機器の各部分に必要な電力を正確かつ効率的に供給するよう管理する役割を果たす半導体であり、人の心臓のような機能を果たす。三星電子の新製品も、Dラムの性能向上および動作電力を減少させるコア半導体として活用されるものとみられる。

半導体業界では、様々な情報機器の高性能化、電気自動車の大衆化などで、昨年253億ドル(約28兆5000億ウォン)規模だったグローバル電力半導体市場が、2023年は320億ドル(約36兆ウォン)まで成長するものと見込んでいる 市場調査機関オムディアも最近、電力半導体市場の持続的な成長を見込んでおり、2024年のモバイルDラム市場(298億ドル、約33兆5000億ウォン)を上回ると予想している。半導体業界の関係者は、「今回の新製品は、電力管理半導体市場のシェア確保だけでなく、システム半導体事業の成長のためにも欠かせない製品だ」と話した。

スポンサードリンク
三星電子システムLSI事業部マーケティングチームのチョ・ジャンホ常務は、「三星電子はモバイル・ディスプレイ・ソリッドステートドライブ(SSD)電力管理半導体で培った設計技術力とノウハウを基に、新製品をDDR5DRAMメモリーモジュールに適用した」とし、「DRAM用電力管理半導体のラインナップを持続的に強化し、技術リーダーシップを拡大したい」と語った。
https://www.donga.com/jp/

2014-05-09-sam.jpg

DDR5メモリはDDR4の2倍の帯域幅が規格化されている。前世代のDDRメモリと同様、日本では、ルネサスのデバイスが性能と信頼性において市場をリードしている。ルネサスには、サーバおよびクライアントのメモリダウンアプリケーション向けの高性能DDR5 RDIMM、LRDIMM、NVDIMM、UDIMM、SODIMM、ゲーミングDIMM、およびメモリインターフェイス製品を開発するための完全なICファミリがある。また、ルネサスのポートフォリオとしてパワーマネジメント IC(PMIC)、SPDハブ、レジスタクロックドライバ、温度センサ、データバッファ、I3Cリドライバおよびエクスパンダ製品を持っている。

これらのルネサスのDDR5およびI3CエクスパンダICファミリにより、次世代のサーバやクライアントDIMM、マザーボードソリューションを効率的に拡張して、システム全体の電力を削減しながら、パフォーマンス、省スペース化、信頼性を向上させることが可能だ。 一方のサムスン電子が公開したPMICは、最新のDDR5 Dラムモジュールに搭載されている製品で、PMICは、電子機器の各部分に必要な電力を正確かつ効率的に供給するように管理する役割をする半導体で人の心のような働きをする。

半導体業界は、各種情報機器の高性能化、電気自動車の普及で、昨年253億ドル(約28兆5000億ウォン)規模だったグローバルパワー半導体市場が2023年に320億ドル(約36兆ウォン)まで成長すると予測しており、市場調査機関オームディアも、パワー半導体市場の着実な成長を、2024年のモバイルDラム市場(298億ドル・約33兆5000億ウォン)を超えると予測した。今回の新製品は、パワーマネジメント半導体の市場シェアにおいて、システム半導体事業の成長のために必要な製品とした。

関連記事

[ 2021年05月19日 09:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp