韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  東京五輪限定スマホからもサムスンのロゴが消される

東京五輪限定スマホからもサムスンのロゴが消される

2021年5月20日、韓国・ヘラルド経済は「東京五輪エディションにサムスンのロゴがないのは日本のせい?」と題する記事を掲載した。 記事によると、五輪公式スポンサーのサムスンは過去の五輪同様、今回も限定モデルのGalaxyS21東京五輪エディションを発売する。昨年もGalaxyS20+東京五輪エディションを発表したが、五輪の延期により販売が中止された。

今回の五輪エディションについて記事は「背面の中央にdocomoのロゴ、下部にGalaxyのロゴが入っているが、サムスンのロゴが入っていない」とし、「五輪エディションにサムスンのロゴが入らないのは極めて異例のことだ」としている。

その理由について、「日本はサムスンが苦戦する数少ない市場の1つ。日本人は韓国製品に対し排他的であるため、サムスンは日本市場だけ特別に、自社ロゴを消してGalaxyという製品名のみを入れたスマートフォンを販売している」とし、「五輪エディションも同様に、日本市場で流通されるスマートフォンであることを考慮しロゴが消された」と説明。その上で「サムスンは五輪の公式スポンサーである上、五輪エディションからサムスンのロゴが消された事例はない。今回の対応はさすがにやり過ぎではないか」と指摘している。

スポンサードリンク
サムスンは1988年のソウル五輪のローカルスポンサーを務めた後、2028年まで五輪公式スポンサーとして活動する契約を結んだ。2012年のロンドン五輪と2016年のリオ五輪ではそれぞれGalaxyS3とGalaxyS7の五輪エディションを発売。2018年の平昌五輪ではGalaxy Note8の五輪エディションを選手や関係者に提供した。
https://www.recordchina.co.jp/b876787-s25-c30-d0191.html

2021-05-21-k002.jpg

サムスン電子の初のフォルダーブルフォンであった「ギャラクシーフォルド(Galaxy Fold)」の日本版も同様に、「SAMSUNG」のロゴがない。 「ギャラクシーS6(Galaxy S6)」から日本版製品からは同ロゴが除去されている。NTTドコモとKDDI(AU)が「SAMSUNG」のロゴを製品から除去することを要求したことが理由だ。 これに対し、サムスン側は「販売拡大戦略」であるとし、具体的な言及を避けたが、サムスンのブランドが日本では販売に役立たないとの指摘がある。

日本市場は米国と自国製品を好む傾向が高い、世界トップのスマートフォンメーカーのサムスン電子も日本市場ではシェアが微々たることから、アップルのアイフォンが市場シェアの半分ほどを占めている国であり、ロゴ削除は販売戦略の一つとなっている。 一方でソフトバンクは、韓国企業の製造会社名表記に拒否感がないとしている。韓国メーカーの中では唯一、ソフトバンクに製品を供給しているLG電子は、製品に自社のロゴをそのまま使っていた。

関連記事

[ 2021年05月21日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp