韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国、中国・ロシアまで射程に収める中距離弾道ミサイル開発が可能に

韓国、中国・ロシアまで射程に収める中距離弾道ミサイル開発が可能に

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のジョー・バイデン大統領が21日(現地時間)、初の首脳会談で韓米ミサイル指針の解除に向けて意見のすり合わせを行い、韓国は42年を経て「枷(かせ)」を解かれて完全なミサイル主権を確保する可能性が高まった。「最大射程800キロ制限」がなくなることで、射程2000-3000キロの中距離ミサイルはもちろん、理論上は大陸間弾道ミサイル(ICBM。射程5500キロ以上)も開発できるのだ。

射程2000-3000キロになると日本全域はもちろん、中国内陸部にある戦略目標も大抵のものは打撃できる。この場合、米国は中距離ミサイルを韓半島に配備しなくても中国をけん制できる効果を挙げられる。韓国と米国、双方の名分と実利をそれぞれ立てた「ウィン-ウィン(Win-Win)」のカードになるわけだ。

1979年に韓米間で合意されたミサイル指針の解除は、韓国歴代政権の長年の宿願事業だった。青瓦台(韓国大統領府)の関係者は首脳会談に先立って報道陣の取材に応じ、指針解除推進の背景について「(1979年)当時、韓国はミサイル技術を得るため『米国のコントロールの下でミサイルを持ち込む』と決めたが、むしろ枷になった」とし、「よって文在寅政権発足時から、ミサイル主権をどのように確保できるか宿題として抱えていた」と語った。

スポンサードリンク
当時は北朝鮮を打撃する弾道ミサイル開発が急がれており、米国の技術支援を受けるため、平壌までに限って射程に収める「射程180キロ制限」に縛られることになったのだ。ミサイル死因は両国間の条約や協定ではないが、韓国の弾道ミサイル開発を大きく制限し、これまで4回にわたって改正が行われた。

2017年11月、弾道ミサイルの最大射程を800キロに制限しつつ弾頭重量の制限を完全になくすという内容の第3次改正が実現した。第3次改正に伴い、世界最大級の弾頭重量を持つ怪物ミサイル「玄武4」が開発された。玄武4は射程800キロで2トン、射程醫300キロで4-5トン以上の弾頭を搭載できる。たった1発で錦繍山太陽宮殿や柳京ホテル、サッカー場200個分の面積を焦土にできるといわれている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/22/2021052280017.html

2021-05-23-k002.jpg

朝鮮日報記事題名は、”韓国、中国・ロシアまで射程に収める中距離弾道ミサイル開発が可能”としているが、現実は中国・ロシア政府の圧力で無理だろう。また不買運動やら報復処置が実施されることになる。韓国の文在寅大統領と米国のジョー・バイデン大統領が、22日早朝(現地時間で21日午後)に開かれる首脳会談で韓米ミサイル指針の解除に関連して意見の擦り合わせを行っているわけで、42年を経て韓米ミサイル指針が完全解除されれば、韓国は中国・ロシアまで射程に収める中距離弾道ミサイルの開発が可能になる。がしかし、中国・ロシアの反発となる。

韓米ミサイル指針は、朴正煕政権時代の1979年、米国からミサイル技術の移転を受けるために合意されたもので、米国のミサイル技術の移転を受ける代償として、弾頭重量は500キロ、射程は180キロに制限された。これまで4度の改正によって射程を800キロまで延長し、弾頭重量の制限を解いたが、今回は射程の制限が話し合われたわけで、今回の指針改正は韓国の要求で議論がなされるものだが、中国をけん制するための米国の戦略とも関係がある。韓国政府は、中国からの圧力に耐えられないだろう。米中の間で喜んではいられない。 まして日本にも到達するわけで、日本政府の動きにも注視する必要がある。

関連記事

[ 2021年05月23日 08:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp