韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の家計負債1765兆ウォン…金利上がれば経済の雷管に

韓国の家計負債1765兆ウォン…金利上がれば経済の雷管に

韓国銀行(韓銀)が解く通貨政策が難解な高次方程式になっている。韓国経済の弱点である家計負債の爆発力がさらに高まったからだ。1-3月期の家計の負債が1765兆ウォン(約171兆円)を超えた。資産市場の過熱の影響だ。

韓銀によると、3月末基準で家計信用の残額は約1765兆ウォン。住宅担保ローン(931兆ウォン)と信用貸付を含むその他貸付(735兆ウォン)などを合わせた数値で、前年同期比154兆ウォン(9.5%)増、前期比37兆6000億ウォン(2.2%)増となった。家計信用は、家計が銀行や保険など金融機関から借りた資金(家計貸付)とクレジットカード使用額など(販売信用)を合わせたもので、全般的な家計負債状況を表す指標だ。

韓銀のソン・ジェチャン金融筋桂チーム長は「昨年1-3月期以降、住宅売買資金・保証金の需要が続いて住宅担保貸付が増え、新型コロナ事態の長期化による生活資金の需要と株式投資の需要が発生した影響」と説明した。経済規模が膨らめば自然に負債も増える。負債の総量が大きくなり、増加幅も過去最大を更新した。問題はその速度だ。1-3月期の家計の負債増加率は前年同期比9.5%だった。金融委員会が設定した今年の管理目標値(5-6%)を大きく上回る。

スポンサードリンク
さらに市中金利が上昇している。貸付金利の先行指標である国債3年物の利回りは25日、年1.142%となった。年初(1月4日0.954%)と比較すると0.188ポイント上昇している。さらに大きな問題は、金利の変動に脆弱な韓国の家計負債構造にある。韓銀によると、3月基準の銀行貸付(残額基準)で変動金利が占める割合は70.5%にのぼる。利上げが本格化すれば家計の負債がその直撃弾を受けるということだ。通貨政策をめぐる韓銀の算法が複雑になるしかない理由だ。

景気は回復傾向にある。韓銀が27日に出す経済修正予測値にもこうした雰囲気が反映される。3.0%と予想していた今年の成長率予測値は3%台後半に、1.3%と見込んでいた物価上昇率も1%台後半に上方修正されると予想される。韓国経済の成長エンジンの輸出も先月、10年ぶりの最大増加率となった。消費心理も5カ月連続で改善している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d94d8a457ce8513aedd718e38e7edcb88a1aa8ba

2021-05-27-k001.jpg

韓国銀行(中央銀行)が25日発表した2021年3月末時点の家計負債残高(暫定値)は1,765兆ウォン(約171兆円)と昨年12月末時点に比べて37兆6,000億ウォン(2.2%)増加し、過去最高を更新した。韓国銀行によると、1-3月期末の家計信用残額は1765兆ウォン(約171兆円)となり、史上最大を記録した。家計信用とは、一家庭(世代単位の経済主体)が銀行や保険・貸付業者など金融会社から借りた資金とクレジットカードの使用額など買掛金を加えたものをいう。

さらに深刻なのは記録的な家計負債の中で、インフレーションの兆しまで見せているという点だ。統計庁によると、韓国の4月消費者物価は、昨年同月に比べて2.3%上昇した。これは2017年8月(2.5%)以降最大幅の上昇だ。政府の物価管理目標値である2%を上回った数値だ。 記録的な家計負債の主な原因は、不動産価格の急騰傾向の中で、あらゆる手段を使ってお金を借りて住宅を購入する人々とお金を借りて株式や仮想通貨に投資する若者たちがもが多発した結果だ。

関連記事

[ 2021年05月27日 07:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp