韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  インドとベトナムで感染拡大、製造業が中国に戻る可能性も

インドとベトナムで感染拡大、製造業が中国に戻る可能性も

中国のニュースサイトの観察者網によると、上海保銀投資管理(ピンポイント・アセット・マネジメント)のチーフエコノミスト、張智威(ジャン・ジーウェイ)氏は、インドとベトナムで新型コロナウイルスの感染が拡大しているため、製造業が中国に戻る可能性があるとの見方を示している。

張氏はこのほど米CNBCとのインタビューで、「米中貿易戦争により、企業はサプライチェーンを中国から移し、製品・サービスの生産・流通ネットワークをシフトした。その結果として、ベトナムやインドなどの国々は、企業が自国内に工場を設立するようになったため恩恵を受けた。パンデミックの発生前に、私たちはサムスンやフォックスコンなどの多国籍企業が中国を出てベトナムやインドに工場を設立するのを見てきた」とした。

そして、そうした状況は変わってきているとし、「フォックスコンは、インドとベトナムでの感染拡大を受け、両国内の工場の閉鎖を余儀なくされた。これによりサプライチェーンの移転がかなりの期間、保留になる可能性がある。ここでの重要な問題は、海外への渡航が停止されているため、多国籍企業がスタッフをインドやベトナムに派遣して新しい工場を設立することができないことだ」とした。

スポンサードリンク
張氏は、「こうした状況が中国に利益をもたらす可能性がある。中国がどれだけの利益を得ることができるかは、インドとベトナムの感染状況がどれだけ続くかによって決まる」とし、「現在、中国の輸出の伸びは月に20~40%だ。(インドとベトナムの)サプライチェーンが長期間途絶えた場合、(中国の)20~30%の輸出の伸びは来年まで続く可能性がある。一方で、両国の工場がすぐに生産を復帰した場合は、中国の輸出は今年下半期に減速することになるだろう」との見方を示した。

インドの新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者は、40万人を超えていた今月初旬と比べると減少傾向にあるが、25日発表の新規感染者は19万6427人で依然として高水準にある。累計感染者は2694万8874人となっている。ベトナムでは、5月に入ってから感染者が増え始め、現在は1日当たりの新規感染者が100人前後の日が続いている。25日発表時点での累計感染者は5404人となっている。
https://www.recordchina.co.jp/b877070-s25-c20-d0192.html

2021-05-27-k004.jpg

新型コロナウイルスや米中貿易摩擦といった事象により、サプライチェーンの多元化や生産拠点の見直しを検討する日本企業もある。そうした観点で着目されるのは中国、タイ、ベトナムの3カ国のため、これらの国々の賃金水準を比較してみる。中国の2020年の製造業の作業員(一般工)の月額基本給は、中央値が前年比9.5%増の484ドル、平均値は7.6%増の531ドルと、両値とも2019年から上昇した。2020年中は中国の多くの都市で最低賃金の引き上げが見送られたが、日系企業の賃金負担増は継続している。また、ベトナムのデータをみると、中央値が9.6%増の237ドル、平均値が5.8%増の250ドルと、こちらも賃金上昇の傾向は継続している。

他方、タイでは中央値が1.3%増の395ドル、平均値が0.3%増の447ドルと、中国やベトナムほどの賃金の増加は確認できなかった。タイでは最低賃金が2020年1月に引き上げられたが、引き上げ率は1.6~1.8%と小幅だった(2019年12月10日付ビジネス短信参照)。また、タイの2020年の失業率はリーマン・ショック以来の高水準になっており、労働需給が緩やかになっているとも考えられる。

関連記事

[ 2021年05月27日 08:22 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp