韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国・済州島の山中にBMW70台放置、何が起きているのか

韓国・済州島の山中にBMW70台放置、何が起きているのか

済州島ではレンタカーとして使用されていた輸入電気自動車(EV)が山間部や空き地に放置されているのが目撃されている。レンタカー業者の経営悪化と高額な修理費用などを理由に放置されたものとされる。

25日午後、済州市涯月邑の牧草地を訪れると、ナンバープレートを取り外したBMW「i3」70台余りが駐車されていた。これら車両は不渡りを出した地元のレンタカー会社A社が所有しているもので、現在は差し押さえられていることが分かった。 BMWコリアによると、A社は2016、17年にBMWファイナンシャルを通じ、分割払いでi3を200台購入した。しかし、A社は昨年、経営悪化で不渡りを出し、税金納付や債務返済が滞り、結局所有車両が差し押さえられた。

A社から差し押さえられた車両はこの場所だけでなく、済州市我羅洞の空き地など市街地にも放置されていることが確認された。 差し押さえられた車両は来月ごろ、競売保管所に移される予定だ。BMWコリアは今月17日、裁判所から競売許可決定を受け取っており、差し押さえられた車両は近く競売にかけられる。 高価な輸入EVレンタカーが修理費用のために放置されるケースもある。済州地区のレンタカー業者によると、輸入EVは事故が起きた場合、修理期間が長く、修理費用が数千万ウォンに達するケースが多いため、業者は修理できない状況だという。

スポンサードリンク
車両購入時に補助金が支給されたEVレンタカーの場合、2年以内に売却、廃車ができないことも放置理由の一つだ。18年式の第2世代BMWi3はLUXモデルの車体価格6000万ウォンに補助金1691万ウォンが支給された。昨年まで済州道が普及させたEVレンタカーは4143台で、1台当たりの補助金を1300万-1400万ウォンと仮定すると、支援予算は539億-580億ウォンと推定される。レンタカー会社関係者は「保険で処理しようとしても、一部は自社で負担しなければならず、事故補償による保険料上昇も避けられない。廃車しようとしても、行政機関の補助金と借り入れの残金があるため、どうすることもできない」と話した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/26/2021052680106.html

2021-05-27-k006.jpg

厳しい暑さが続く夏は、海外のビーチリゾートでゆっくりしたい。そんな人にぴったりなのが、朝鮮半島の南西に浮かぶ韓国・済州島だ。「韓国のハワイ」とも呼ばれるリゾート地は最近、新たなレジャー施設が増え、家族旅行にも人気だった。島は福岡市とほぼ同じ緯度にあり、長崎県・五島列島から西に約180キロの距離。日本に最も近い海外リゾートともいえ、年間1500万人の観光客が訪れる。島内を走る車の半分近くは観光用レンタカーとなる。

島南部にある景勝地の龍頭海岸は、天候や潮の干満の条件が合えば、海沿いに切り立つ崖の間を散策できる。外で遊び疲れたら、涼しい屋内施設へ。サンリオの人気キャラクターに出会える「ハローキティアイランド」や、新旧の「K-POP」の歴史に触れられる「PLAY K-POP」などユニークな博物館が多く、親子で楽しめそうだ。水族館「アクアプラネット」では、かつて済州島の経済を支えた海女のショーを見ることもできた。

がしかしレンタカー業績は悪化となり、昨年から新型コロナウイルスの影響で、中国からの観光客のみならず、韓国国内の観光客も激減し、ホテルなどの観光業が大きな打撃を受けている。

関連記事

[ 2021年05月27日 08:43 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp