韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府、ドイツ・日本など車載用半導体企業に供給協力の公文書

韓国政府、ドイツ・日本など車載用半導体企業に供給協力の公文書

韓国政府が世界の半導体企業を相手に車載用半導体の円滑な国内供給に協力を要請したという。

聯合ニュースは25日、韓国産業通商資源部が最近こうした内容の長官名義の公文書を各国外交公館を通じて車載用半導体製造企業に伝えた、と報じた。

オランダNXP、独インフィニオン、日本ルネサスなど韓国自動車企業と取引関係にある5、6社に公文書を送ったという。

現在、車載用半導体不足が長期化し、現代車・起亜など韓国自動車企業は工場の稼働の停止と再開を繰り返している。
https://japanese.joins.com/JArticle/279002?sectcode=320&servcode=300

スポンサードリンク
韓国政府が海外の主要車両用半導体メーカーを相手に、車両用半導体の円滑な国内供給に向け協力を願う、公文書を発送していた。 関係部署は25日、「産業通商資源部(経済産業省に相当)は最近、このような内容の公文書を各国の外交公館を通じて、主要車両用半導体メーカーに送った」と明らかにしている。

2021-05-27-k007.jpg

同部が公文書を送った業者はオランダのNXP、ドイツのインフィニオン、日本のルネサスなど、韓国の自動車メーカーと取引関係にある5~6社だという。今回の公文書には、韓国の自動車産業がこれまで車両用半導体企業と共に成長してきただけに、車両用半導体の需給不足の中、円滑な供給に協力してほしいという内容や、今後の協力増進について盛り込まれているという。

車両用半導体の需給難が長期化し、現代自動車(HYUNDAI)・起亜(KIA)をはじめとする韓国の自動車メーカーは工場中断と再開を繰り返している状況なため、韓国政府は主要国や企業と車両用半導体の供給に関して協議を続けている。 関係部署の関係者は「これまで韓国の自動車産業と相互の信頼を通じ、共に成長・発展してきただけに、現在困難に直面する車両用半導体の供給が、円滑に行われるよう要請したと聞いている」と述べている。

関連記事

[ 2021年05月27日 08:51 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
注文不可
半導体メーカー側は、お客を選別するでしょう。
現代自動車の注文条件にうま味が少ないのでは?
現代自動車が注文を出しても、請書が返ってこない、
ということでしょうか。
[ 2021/05/27 10:00 ] [ 編集 ]
NO JAPAN活動している韓国は日本に要請できません。
NO JAPAN活動している韓国は日本に要請できません。
これを無視する事は韓国は世界に存在してはいけない国だと宣言しているのです。
[ 2021/05/27 13:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp