韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国の戦車にどれだけ欠陥があるかは韓国自身も分かってない

韓国の戦車にどれだけ欠陥があるかは韓国自身も分かってない

2021年5月19日、中国紙・環球時報は、インドが国境地帯で中国に対抗するため調達を検討している韓国の戦車について、中国の専門家が「韓国自身もどれだけ欠陥があるか分かっていない」と評したことを報じた。

韓国紙・朝鮮日報は17日、中印国境地域に中国軍が配備している15式軽戦車に対抗すべく、インドが2兆ウォン(約1900億円)を投じて外国製の戦車を「爆買い」しようとしており、韓国製のK21-105軽戦車が有力候補になっていると報じた。K21-105は重量27トンで750馬力のエンジンを搭載、最高時速は70キロで、最大射程距離4キロの主砲に加え、対戦車ミサイル発射能力も持っているという。

インドの戦車調達の背景として、記事は中国の15式軽戦車が105ミリ砲と1000馬力のエンジンを備え、山地での高い機動力を持つのに対し、インドが保有する戦車は山地の作戦に不向きである点を挙げた。そして、韓国のK21-105軽戦車以外に、ロシアの2S25スプルート-SDM、米英共同開発のM-8、インドネシアとトルコが共同開発した戦車などが候補に挙がっているとも伝えた。

スポンサードリンク
その上で、匿名の軍事専門家が18日に環球時報の取材に対し「近年、韓国の軍需工業技術は大きく進歩したものの、基盤が不十分で外国技術に大きく依存している問題は解決していない。K21-105軽戦車の原型であるK-21歩兵戦車は2度の漏水事故を起こし、乗組員1人が水死している。韓国の戦車にどれだけ欠陥があるかは、おそらく韓国自身も把握していないだろう」とコメントしたことを伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/b876707-s25-c100-d0193.html

2021-05-28-k001.jpg
韓国軍兵器 バッタもんのパクリ部品を使い欠陥品だらけ

韓国空軍の戦闘機にも相次いで欠陥が発見されている。例えばFA-50などは、戦力化後から昨年まで7回にわたり機銃に故障が発生していおり、機銃がしっかり固定されず射撃中に振動が発生し、そのために弾丸が自らの機体を傷つけてしまう事故や、薬きょうが中から飛び出し、大事な内部配線が切断される事故が多発した。命中率が下がるだけでなく、専門家は、「機体損傷につながって操縦士の安全まで脅かされる可能性のある問題」と指摘している。

また北朝鮮によるSLBM発射を機に、韓国では「北朝鮮の潜水艦を探知、破壊できる能力を持たなければ」との主張がマスコミなどで広がった。そんななか、深刻な事故が発生している。 韓国海軍によると、韓国東部江原道沖の日本海上で韓国海軍の対潜ヘリコプター「リンクス」(英国製)1機が墜落、乗員3人が死亡した。米韓合同訓練に参加するなかでの事故だったが、事故原因を調査する過程で、ただの事故とは言い切れない問題が浮上した。韓国紙の中央日報(電子版)によると、この「リンクス」ヘリの修理部品として、粗悪な国産不良品が使用されていたという。

韓国軍の軍備管理は低レベルで、使える軍備がどれほどあるのかさえ把握できていない。韓国軍に新しい軍備を与えても、軍備は定期点検の不正多発で寿命は短くなる。

関連記事

[ 2021年05月28日 08:04 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp