韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「日本産」を隠して販売した水産物業者が韓国で大量に摘発される

「日本産」を隠して販売した水産物業者が韓国で大量に摘発される

本産のマダイやマハタなどを韓国産と偽り販売していた業者が、大量に摘発された。5月27日、韓国・マネートゥデイが報じた。 記事によると、日本政府が福島第一原発の処理水の海洋放出を決定し、国民の水産物に対する不安が高まる中、韓国の海洋水産部・国立水産物品質管理院は、最近1カ月以内に日本産の水産物の取扱実績があった業者7236社を含む1万2538社を対象に特別調査を実施。その結果、165社が原産地を適切に表示していないとして摘発されたことが分かった。

このうち原産地を未表示だったのは123社で、原産地を偽っていたのは42社。摘発された品目は191件で、日本産のものが47.7%、中国産が18.8%、ロシア産が5.2%だった。品目はタイ類(32.3%)が最も多く、ホタテ(17.3%)、スケトウダラ(6.3%)、タコ(4.2%)も多かったという。 特に済州島では、日本産のマダイを韓国産と偽り324キロも販売していた刺身店や、日本産のマダイとマハタを58キロ販売した店が見つかった。

摘発された165社のうち、原産地を偽った42社には最大7年の懲役または最大1億ウォン(約976万円)の罰金刑が下され、原産地を表示しなかった123社には違反量に応じて最大1000万ウォン(約98万円)の過料が科されるとのこと。

スポンサードリンク
海洋水産部は今回の調査結果を分析し、輸入水産物の流通履歴の監視を強化する一方、違反実績の多い品目については自治体や海洋警察庁と協力して取り締まりを徹底する意向だという。
https://www.recordchina.co.jp/b877135-s25-c30-d0201.html

2021-05-28-k003.jpg

韓国が日本からマダイ輸入をはじめたのは1980年代後半だが、現在、国内マダイ消費量の約20~60%を日本から輸入している。日本産マダイが韓国市場を席捲するようになったのは、その競争力の強さにある。韓国の日本産マダイ輸入量は過去10年の間、年平均25%の高い増加率を見せた。日本産養殖マダイが韓国市場に成功的に進出したのは日本の漁場環境がよく、養殖技術が進んでいるため、生産コストと品質の側面で競争力を確保しているためだ。

また、韓国の国民所得水準の向上と韓国人のマダイ食文化も日本産養殖マダイの輸入量増大に影響を与えた。韓国人は昔からマダイを好んで消費し、幸運の魚として認識してきた。今後,日本産養殖マダイの貿易は輸入量がやや減少か、現状を維持する調整期を経た後、再び漸増が予想されている。韓国のマダイ輸入量が変化する主な要因として、国内マダイ消費量の変化、それと日本の円に対する韓国ウォンの為替レートの変化があげられる。

関連記事

[ 2021年05月28日 08:37 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp