韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、 旧型G80・グレンジャーIGなど71万台リコール…電子制御油圧装置に欠陥

現代自動車、 旧型G80・グレンジャーIGなど71万台リコール…電子制御油圧装置に欠陥

現代自動車のジェネシスG80やグレンジャーを対象に、大規模リコールが実施される。韓国政府の国土交通部(省に相当)は27日、現代自・起亜、韓国GMなど8社が販売した22車種、71万4720台で製造上の欠陥が見つかり、是正措置を取ると発表した。

現代自が2013年に発売した旧型G80と16年に発売したグレンジャーIG、15年に発売された起亜スポーテージとK7の計4車種70万582台は、電子制御油圧装置(HECU)で同一の欠陥が見つかった。内部でショートが発生した場合、ヒューズ(過電流遮断装置)が溶けて電流を遮断しなければならないのに、きちんと作動せず火災が発生する可能性があるのだ。HECUはブレーキ、車体の姿勢、駆動力を統合制御する装置だ。現代自は不良ヒューズの交換サービスを行う予定。

韓国GMが16年から19年にかけて販売した電気自動車「ボルトEV」9476台は、バッテリー火災の可能性によりリコールされる。LGエナジーソリューションが梧倉工場で作ったバッテリーを搭載したこの車は、まだ韓国国内で火事を起こしたことはないが、米国で5件の火災が発生した。昨年11月に充電率を90%に下げる臨時措置を取ったが、今回はバッテリー点検を行った後、異常な変化があるバッテリーは交換する。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/28/2021052880002.html

スポンサードリンク
2015年にも現代自動車は「グレンジャーハイブリッド」と、現代傘下の起亜自動車のトラック「ボンゴ3」の2車種の計5万7951台をリコール(無料の回収・修理)している。「グレンジャーハイブリッド」はブレーキ装置の電子制御プログラムにエラーが発生し、ブレーキオイルの不足をドライバーに知らせる警告ランプが作動せず、ブレーキ機能の問題を事前に把握できないことが判明した。

hyundai-3.jpg

また現代自動車で火災事故が相次でいる。先日のジェネシスG80に続いてザ・ニュー・グレンジャー、コナEVでも火災が発生している。2020年6月6日にも、現代自動車のザ・ニュー・グレンジャーIGにて車両火災が発生しており、同年6月4日にジェネシスG80火災議論が起きている。

関連記事

[ 2021年05月28日 09:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp